FC2ブログ

カエルの日だヨ!全員集合!!2018(海外種編)

カエル
06 /11 2018

梅雨のこの時期に我が家のカエルを紹介していく記事。少し間が空いてしまいましたが、前回の続きです!前回は国産種を紹介してきましたが、今回は海外のカエル達です(^-^)/


アカホシトタテガエル Trachycephalus nigromaculatus

アカホシトタテガエル4

いきなり!ドーン!!と登場したコイツは我が家のカエルの中では最大となる10㎝越えの大物!

もう1年以上も前にやってきたばかりの頃は5~6㎝がいい所でしたが、気が付いたら他のどのカエルよりも大きくなり現在のようなモンスターに!!(;^ω^)

アカホシトタテガエル5

最初はカップに納まるくらいで可愛かったのよ!

この仲間はツリーフロッグの中でも大型になる種類で、同属では「ミルキーフロッグ」の名で人気のジュウジメドクアマガエルも属しています。このミルキーも最初は可愛いのですが、成長すると結構デカくなりますので、このカエルを飼育を試みている方は要注意!

なぉ、大きさだけでなく性格も非常に貪欲で目の前で動くものなら、魚やトカゲ、飼い主の指にまで食らいついてきます!(゚д゚)

・・・まぁ、それだけ貪欲だから餌付けが楽で飼育し易いのですけどね


アカメアマガエル Agalychnis callidryas

アカメアマガエル6

この写真を見れば、多くの方々が「あっ!あのカエルだ!」というほど!図鑑の表紙に載ることも多いポピュラーなカエルです!海外のカエルでは珍しく多くのカエルグッズのモチーフにもなっているこのカエルはもちろんペットとしても人気が高いですね!

しかし、よく見かける派手な姿は飼育していても中々みる事ができません!というのもこれは夜間活動している時の姿。では普段はというと・・・

アカメアマガエル7

ほとんどこんなんですよ!

普段は葉の裏などに身を潜めており姿が見えず、仮に出ていても写真の様な若干不気味な表情のままじっと動かないので、派手な見た目と人気の割に飼育してみるとちょっとがっかりしてしまうカエルです(笑)

写真は食虫植物のネペンテス(ウツボカズラ)の上に乗っかっていますが、どうせ飼うのなら植物をレイアウトしたケージで飼う方が楽しめるカエルだと思います(^∇^)ノ


アマゾンツノガエル Ceratophrys cornuta

アマゾンツノガエル

こちらはブログ初登場の新入りさん!

カエル界ではペットとして最も人気の高いツノガエルの仲間で、私のトレードマーク?の帽子のモチーフになっているカエルです!

これまでチャコガエルやらファンタジーツノガエルやらのツノガエルの仲間を飼育してきましたがどうも上手く飼えず、一時期ツノガエルの飼育は断念していたのですが、そんな時に「これぞツノガエル!」と言わんばかりのワイルドのアマゾンツノガエルがやってきたという朗報が!

流石にワイルドなだけあって、人工飼料という生易しいものは通用せず、餌は生きた金魚やカエル(共食い)しか食べない超頑固者!でもほとんど動かないので掃除なども少なくて済むし、餌もそんなに与えなくてもよい(週一回程度)ので他のカエルよりも手はかかりません!

さぁ、今度こそはツノガエルの長期飼育ができるのだろうか?


b192.jpg

そりゃアンタ、こんな帽子被ってるくらいなんだから飼うよな?ツノガエル・・・


アンナントビガエル Rhacophorus annamensis

アンナントビガエル9

当ブログのタイトル「だるふろ」ことダルメシアンフロッグ!(この名称は私が勝手につけたものです)

2年前、このカエルに一目惚れして以降ブログやツイッターの名前として愛用していましたが、この度2年ぶりにこのカエルが再入荷!

まさか再び愛らしいダルメシアン柄のカエルを拝めることができるとは(*´∀`人 ♪


ところで2年前に購入したこのカエルはというと・・・

アンナントビガエル10

誰やお前⁉((((;゚Д゚)))))))

これこそがダルメシアンフロッグの成体!体の斑はすっかりなくなり全く別のカエルに変貌!

本種はアオガエルの仲間で日本のカエルならカジカガエルに近い見た目でしょうか?大きさは7~8㎝もあり結構大型になります

一見地味な体色ですが、迷彩能力を持っており周りの樹皮そっくりに擬態したり体の色を白くして光を反射して見つけにくくするなどカメレオン顔負けの忍者ガエルでござる!


ソバージュネコメガエル Phyllomedusa sauvagii

ソバージュネコメガエル7

このドヤ顔である(笑)

常にモデルの様な決めポーズのままジィ~・・・と動かない

でもその顔は1度見たら忘れられないインパクトで、ツイッターに出てくると毎回反響が良い!

原産地では水の殆どない乾燥した場所に生息し、乾燥を防ぐために体表にワックス状の粘液を塗って保湿クリームの代わりにします

そのせいか?お肌のツヤが他のカエルとは違う!

ソバージュネコメガエル8

肌のツヤが光るせいか「コイツただ物じゃねぇ‼」といいたくなるようなオーラを感じさせる!

ちなみに昼間はいつもこんな顔だが、アカメアマガエル等と同様夜になると活動し、その時は目が丸くて可愛げのある表情になるだが、夜間しか見れないので結局いつもこの顔と向き合わなければならないのである。こんなのが面接官にいたらきついだろうなぁ・・・(笑)


トビガエル Rhacophorus reinwardtii

(学名はレインワードトビガエルのものです。購入時にはこの名前でしたが別種のクロマクトビガエルとの噂も?)

トビガエル6

写真の通り手足の水かきの部分が異常に大きく、これで10m以上もの滑空をする

やや大型になり、普段は動かないものの流石滑空するだけあって跳躍力が高く、できるだけ広いケージで飼育したいカエル。我が家ではトカゲを飼っているケージが1番大きいので、そこでトカゲ達と同居させています

「トビガエル」と名の付く仲間は複数いて本種以外にも先ほどのアンナントビガエルやヒスイトビガエルなどの種類がいますが、どうやら名前だけでいわゆる「滑空」ができるのは本種と一部の仲間のみのようです。もっとも飼育化で滑空を見る事はどっちにしろ不可能なのですけどね(^^;


ヒスイトビガエル2

こちらがつい最近まで飼っていたヒスイトビガエル

現在このカエルの繁殖に成功した方に引き渡し、代わりにオタマジャクシを貰い飼育中です

詳細は後日ブログで記事にする予定です


モザンビークオオクサガエル  Leptopelis mossambicus

モザンビークオオクサガエル2

アフリカ原産のツリーフロッグの仲間で、アフリカではアマガエルやアオガエルの代わりにクサガエルというカエルが生息しています

一応ツリーフロッグですが、本種は地中に潜ることも好み、時には地中に潜ったまま数か月間出てこなかったこともありました。あまりに出てこなかったので既に死んでしまったのでは?と勘違いしたほど!

かつてウルグルオオクサガエルというお気に入りのカエルがいたのですが、お亡くなりになってしまい、更に今後の入荷は無いらしく、代わりに近い種類の仲間を飼おうということで選んだのがこのカエル


ウルグルオオクサガエル4

ウルグルオオクサガエル・・・入荷は絶望的とはいえ、いつかまた飼いたいカエルである



以上これにて現在飼育中のカエル達を全て紹介しきりました。こうやって改めて見るとお亡くなりになってしまったものや新たに加わったものもいて去年とはだいぶメンバーが変わったんだなぁ~と思いました

大体10種類前後を目安に飼育しておりますが、今後も増えたり減ったりいろいろあるんだろうな( ^ω^)・・・

とりあえず、現状としてはヤエヤマアオガエルとヒスイトビガエルのオタマジャクシが大量にいるので子ガエルの世話だけでも大変(^^;

カエルの日だヨ!全員集合!!2018(国産種編)

カエル
06 /02 2018

先月は全くブログを更新せず、閉鎖的な状況になっていましたが、今月から無事再開するので宜しくお願い致します。なにせ6月は「カエルの日」もありますし、ブログを始めたのもこの時期で丁度2年目に突入しようとしております(^-^)/


というわけで、去年もこの時期にやっていた現在我が家にいるカエル達を改めて紹介してまとめる記事を今年もやります!とはいえ現在それなりの種類がおり、一度に記事でまとめるのが大変なので(;^ω^)、国産と外国産で2回に分けて紹介していこうと思います


それではまず国産種から!

国産種といっても全て本土のものではなく、沖縄や南西諸島のカエルばかりだったり・・・


アイフィンガーガエル Chirixalus eiffingeri

アイフィンガーガエルベビー2

前記事でも紹介させて頂きましたが、我が家で繁殖にも成功したカエルです

解説は前記事にまとめているので省略(いきなり!手抜き!)

代わりに前回載せられなかったベビーの写真を載せておきます(;^_^A


サキシマヌマガエル Fejervarya sakishimensis

サキシマヌマガエル2

過去に1度だけブログに出てきたような、紹介しなかったような?それだけ存在感が薄い・・・というよりほとんど隠れて出てこない!

掃除のときに捕まえてやっとみる事ができるくらい・・・

名前の通り、ヌマガエルの仲間ですが本土のものと比べて体が大きくトノサマガエルやダルマガエルの様な貫禄!また本土のヌマガエルと違い水場から離れた場所でも生息しているタフなヤツ!

サキシマヌマガエル3

しかし改めて見てみるとがっしりとした体格で中々迫力のあるカエルですよね(*^_^*)

ただし跳躍力は高いので捕まえるのは至難の業!


ハロウェルアマガエル Hyla hallowellii

ハロウェルアマガエル3

お馴染、本土のニホンアマガエルとは異なり、沖縄や南西諸島固有種のアマガエル

色彩に変化が表れ、導入初期は写真上のように青かったのですが、徐々に元の緑色に変化していきました

アイフィンガーとハロウェル

アイフィンガーガエルのオスに間違えて抱き着かれてしまう事も・・・

他種を同居させて飼育していると度々このようなコラボが生まれてしまいます・・・


ヒメアマガエル Microhyla okinavensis

ヒメアマガエル4

こちらも沖縄や南西諸島出身。「日本最小のカエル」と呼ばれるが丸っこい体形のせいか思いのほか大きく見える(ボリューム感は間違いなくアマガエルよりある!)

小さな体でも餌は良く食べ丸々と・・・

普段はあまり動きませんが、見た目に似合わず跳躍力が高いので脱走にはくれぐれも注意したい

ヒメアマガエル5

色彩変化はありませんが色彩に個体差があり、上写真の個体は特に赤みが強くマダガスカルに生息するトマトガエルを小さくしたような感じ(笑)

なぉ、去年はそのトマトガエルもいたのですが、思った以上に飼育が上手くいかずに残念な結果に終わってしまいました(ノ_<)


ミヤコヒキガエル Bufo gargarizans miyakonis

ミヤコヒキガエル

ブログに登場するのが初の新入りさん!待望のヒキガエルである!

ヒキガエルは昔屋上で放し飼いにしていた事はあれど、まともに飼育するのは今回が初!

大きさは普通のヒキガエルと比べてそこまで大きくならず、餌食いも良いので飼育し易いオススメのカエルかも?愛嬌のある動きや仕草が可愛いです!


ヤエヤマアオガエル Rhacophorus owstoni

ヤエヤマ♀達

国産種トリを飾るのは勿論ヤエヤマ!このカエルに関しましても何度も記事で紹介しているので、解説は省略(THE 手抜き)!

左の個体は目が白内障ですが、家に来てから3年の間にこれまで7回もの繁殖を果たした古株!

ピンセットから餌を食べれるので目がほとんど見えなくてもここまでやっていけたのかもしれませんが、自然界ではここまで長生きはできないでしょう!

これからの繁殖は右の今年新しく入ったメスに託し、後は余生をゆっくり過ごして頂きたいものです



本日はここまで!次回は外国産のカエルを紹介していきます!

アイフィンガーガエルの繁殖記録

カエル
04 /12 2018

みなさんお久しぶりです\(^o^)/

前回のお知らせから既に1ヶ月以上も更新しておりませんでしたが、それでも閲覧者の数は増えていたようでありがたや~ありがたや~(´ω`人)


というわけで久々の記事更新となる今回は、前から順調に進めていたアイフィンガーガエルの繁殖記録です。既前の記事で産卵の報告をし、その後Twitterで度々途中経過をご報告をしていましたが、今回はそのまとめです

アイフィンガー親1


2018年1月12日 産卵

アイフィンガー2

ここは既に前の記事で紹介済みですが、産卵直後の様子

これを見た時は飼い主本当に大喜びでしたヽ(≧∀≦)ノ

アイフィンガー

産んだのはこちらの水容器(笑)

この容器についても前の記事で紹介しておりますが、水が溜まっている所なら割と何でも産んでしまうみたいですね


1月28日 孵化

アイフィンガー3

卵を産んでから約15日ほどで孵化が始まりました


さて、アイフィンガーガエルは子育てをするカエルでオタマジャクシはメスの産む無精卵だけを食べて育つという特殊な生態があります

そのため折角産卵~孵化までしてもメスが卵を産んでくれないとオタマジャクシが育ちません!

心配そうに見守り続けていると・・・

アイフィンガー4

産んでくれました!ありがたや~ありがたや~(´ω`人)

アイフィンガーのメスは大体月1回のペースで卵を産みました


こんな感じで翌月の2月からも特に餌は与えず、オタマの世話は親に任せっきりにしました

普段の管理として容器の水を週一回半分捨てて(オタマジャクシがこぼれないように慎重に!)新しい水を入れました

また、親はは容器の周りにバラバラと卵を産み付けていくので、飼育化ではピンセットで卵を容器に移すといったフォローが必要です


月1回の親の卵だけで本当に育つものなのか疑問でしたが、オタマジャクシ達は特に問題なく成長していきました。もしかしたら糞など中の有機物も食べているのかもしれません

あと、写真をご覧になればおわかりになると思いますが、オスが常に水容器の中で張り込んでいます

我が子を守っているのかどうかはわかりませんが、このオスが夜に鳴くおかげでメスが定期的に産卵に来てくれるのは確かです


3月10日 オタマジャクシ

アイフィンガー5

産卵~孵化から大体2か月程で上陸間近までの大きさになりました

卵からここまでの大きさに成長できたのは5~6匹ほど。孵化直後の写真と比べると随分数が減っていますが、その間にこの小さな水容器の中で激しい生存競争が繰り広げていたのでしょう!

オタマジャクシの最大サイズは同時期に繁殖させていたヤエヤマアオガエルのオタマジャクシとほぼ同じくらいの大きさ(3㎝くらい)です


3月24日 上陸寸前

アイフィンガー6

手足が生えて間もなく上陸寸前!


3月27日 上陸

アイフィンガー7

遂に最初の1匹が上陸しました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

同時期に上陸したヤエヤマアオガエルと比べるとこの通り大きさもほとんど同じです!

流石にここまで来たら親とは別居させ、ショウジョウバエなど小さな虫を餌に与えてやらねばなりません


こうして他のオタマ達も次々と上陸していく中、水容器内を見てみると・・・

アイフィンガー8

まだ産んでいるではありませんか((((;゚Д゚)))))))

しかもよく見ると有精卵!

アイフィンガーガエルは1回の産卵でもせいぜい10~20個くらいしか産みませんが、その分頻繁に卵を産む回数を多くして上手く子孫を残しているのでしょう

このままいくと第2弾、第3弾もありそうですね!アイフィンガーの繁殖はまだまだ終わらない!


アイフィンガー親2

以上、約3か月にわたるアイフィンガーガエルの繁殖記録でした!

現在小さな子ガエル達がショウジョウバエを食べてすくすくと生長中です

毎年恒例のヤエヤマアオガエルの子ガエルと合わせて今年は沢山の子ガエル達の面倒を見なくては!


あ、そうそう。子ガエルと言えば当ブログの顔でもあるアンナントビカエルの子ガエルも2年ぶりに家にやってきました(* ´ ▽ ` *)

小さいカエルの飼育は餌に小さな虫を沢山用意しないといけないので大変ですが頑張るぞ!

お知らせ

未分類
03 /05 2018

アンナントビガエル

ダルメシアンフロッグ」ことアンナントビガエルの画像をトップに続けてきた当ブログですが、来月辺りからリニューアルをさせようと思います!


理由といたしましては、元々飼っている生き物を紹介する為に立ち上げたものでしたが、飼っている生き物の種類も多いので毎回紹介していくのは困難だったうえに、更新してもほとんど一回くらいしか紹介できていなかったというのが現状だからです。このまま中途半端にダラダラと続けていくのも大変なので今後はメリハリ付けて改善させます!


前にもチラッと書きましたが、飼っている生き物の事はTwitter @dalmatianfrog の方でほぼ毎日公開していくことにしこちらを見て頂くという形で、繁殖や飼育方法などの記載はブログで紹介していくという形に徐々に移行していっています


アイフィンガーペア

繁殖についてはいまのところヤエヤマアオガエルアイフィンガーガエルの繁殖が順調に進んでおります。アイフィンガーは一段落ついたら途中経過を含めてまとめて紹介したいと思います。ヤエヤマはもう紹介しきったかな~?


レイアウトコンテスト用2

飼育方法については、今後の展開として長年お世話になったこのレイアウトケージがだいぶ劣化してきたのでリニューアル計画を考えております

(最早ここに写っている植物の中には結構枯れてしまったものがチラホラ・・・(-_-;))

また、以前記事で紹介した自作爬虫類ケージ自作カメケージの増設計画があるのでそちらも完成次第報告していきたいと思います


その他、動物園巡りジャングル探検記(?)を今年も予定しております!

こちらは普段の記事とは違い正直何の役にも立たない内容な分、無駄にボリュームあり、下らない小ネタありのしょうもない記事ですが、誰も求めてなくてもやります(笑)


あとはやっぱり「ペットの記事」という初心を忘れないためにも特別な日(「カエルの日」とか)にはまとめて紹介するような事はしたいなぁ~

ソバージュネコメガエル6

こちらはブログに大して登場していないが我がTwitterで一番人気のソバージュネコメガエル

面倒な記事はいいからこの子をブログに出せばもっと人気が出るのでしょうが、もともと人気を集めるためにブログやっている訳ではなく、あくまで飼育例の少ない生き物の情報を少しでも提供できればと考えやってるブログだからそこはまぁご理解くださいな・・・m(__)m



・・・てなわけで更新は不定期ながら記事でやる事はちゃんとやるので、今後等も「だるふろブログ」をよろしくお願い致します(^-^)/

アンナントビガエル8

「大きくなった僕はもうダルメシアンフロッグじゃないけど、ブログのタイトルはそのままだよ!」

エダハヘラオヤモリ

未分類
02 /18 2018

冒頭でこんな愚痴を言うのも何なんですが、今年の冬は寒いです!

去年の今頃はチャコガエルをお迎えしたり、ヤエヤマアオガエルのオタマジャクシをオークションで出品していたりしていたのですが、今年は中々上手くはいきません!

せっかく発送した寒さの為オタマが死着したり、結構げんなりしております(オタマジャクシの数は去年以上に沢山あるのですが、去年は同時期でも死着ゼロだったので・・・)


さて、そんな愚痴を言いながらもこっそりとこんな新入りさんをお迎えしていましたエダハヘラオヤモリ

エダハヘラオヤモリ Uroplatus phantasticus

カエルと樹上性トカゲがメインの私ですが、まさかのヤモリです(・・・まぁ、「樹上性トカゲ」に含めても良いのでしょうけど)

ヤモリは2年くらい前まで飼育していたロボロフスキースキンクヤモリ以来久々

前から飼育してみたかったヤモリだったのですが、入荷が少なく意外にも人気が高いため入ってもすぐに持っていかれて悔しい思いをしていました

そんな中、近所のショップに偶然入荷したので「これはもう手に入れるっきゃない!」と満を持してのお迎え!ペアではなくオス単体ですが、それでもあこがれのヤモリにようやく巡り合えたので満足ですo(^▽^)o


因みに去年の丁度今頃お迎えして、年内にお亡くなりになってしまい苦い経験をしたあのチャコガエルも入荷(しかもあちこちで!Σ(・□・;))していたのですが、今回はエダハの方に完全に持っていかれましたね(地表性のカエルは去年散々な結果でしたし・・・(-_-;))


エダハヘラオヤモリ2

ガシャポンのフィギュア(写真上)と比べてみてもほぼ同じ大きさ!これで立派な大人です


さて、このエダハヘラオヤモリ、人気は高いのですが長期飼育例がほとんどないという中々飼育の難しいヤモリでも知られています。実際調べてみても中々飼育に関する情報が出てこない!

その数少ない情報でわかったことは、とにかく高温と乾燥に弱いという事

この問題に対処するために我が家では自作ケージが大活躍してくれました!

エダハヘラオヤモリ3

以前の記事で紹介した廃材加工の自作ケージで、縦横40㎝・高さ60㎝と小さなエダハヘラオヤモリにとっては無駄にデカいケージ(;^ω^)

画像がぼやけていますが、後ろにサキシマキノボリトカゲと同居させております(大きさは同じくらい)


この自作ケージのメリットは湿度管理が維持しやすい事。ケージ下に浅く水を張り、水中ヒーターで水を温めることで温度と湿度を管理しています

また、普段カエルをメインにした飼育環境にしているため、部屋の温度は15~20℃と低めに保っています。一般的な爬虫類にとっては寒すぎますが、彼らにとってはこのくらいの温度の方が丁度良いのです

夏場に関してはまだ未経験ですが、広いケージで通気性が良いと蒸れ防止になり安全ですね(*^_^*)


キノボリトカゲもそうですが、このような小さい樹上性トカゲほど高温や乾燥、蒸れなどにデリケートですのでなるべく広いケージ(それでも標準サイズの爬虫類ケージがあれば十分なんですが・・・)で飼育することをオススメします

プラケースなどでも飼育は可能なのでしょうが、乾燥を防ぐために一日何回もこまめに霧吹きをしたりしなければならないのでかえって大変かもしれません


エダハヘラオヤモリ4

以上、新入りのエダハヘラオヤモリの紹介でした!

今回掲載した写真はお迎え直後のもので、脱皮中でしたが現在は脱皮もしっかり完了し見事な枯葉に擬態しております

それはもう何を飼っているのかわからなくなるくらい(笑)



なお冒頭で愚痴っていたヤエヤマアオガエルのオタマジャクシは引き続き出品中です

死着してしまった方申し訳ございませんでしたm(__)m

今後、発送方法なども考慮し精進していきますのでよろしくお願いいたします

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)