南西諸島の生き物達~パート2~

未分類
11 /27 2017

前回の記事で新たにアイフィンガーガエル、ヒメアマガエル、ハロウェルアマガエルと南西諸島の生き物達を続々お迎えしてきてから一週間をあけたころですが、南西諸島フィーバーはなんとまだ続きます!


先日アクアリウムバスというイベントに参加し、八重山の珍しい生き物達がいたので思わずお迎え!

いわゆる生き物の即売会イベントの中でもこのアクアリウムバスはどさくさに紛れてマイナーなものが混じったりしているので面白いです(過去にもこのイベントではサガリバナとかニオイアダンとか、私のような余程の物好きしか買わないであろうマイナー植物が平然と並べられていました)

ちなみに名前に「アクアリウム」と付いていますが、実際はアクアと全く縁のない小動物や虫や植物までなんでもありのかなりフリーダムなイベント。そのフリーダムさ故か、思わぬ掘り出し物が出てくる率が高いのもうなずけます(;^ω^)


それでは今回イベントで新たに「チーム南西諸島」に加わったメンバーをご紹介致します(^-^)/


サキシマキノボリトカゲ10

サキシマキノボリトカゲ

前回ショップで入荷はあったものの、メスがいなかったので見送っていたキノボリトカゲ

イベントで格安で売られていたので思わずお迎え!しかも2匹(これで現在計4匹のキノボリトカゲが家にいます)

性別はまだわかりませんが、もしメスだったら繁殖のリベンジにも期待したい所(前回は孵化までいったものの幼体が余りにも小さく飼育がうまくいきませんでした)


サキシマヌマガエル

サキシマヌマガエル Fejervarya sakishimensis

八重山諸島と宮古諸島に分布する日本固有種のカエル

本土のヌマガエルと比べると体が大きく、よく跳ねる(捕まえるのが大変!)。名前に「沼」とあるが、本種は水場から離れた場所にも生息している(地表性カエルのような飼い方で飼育できるのだ)


実はこのサキシマヌマガエル、飼育は今回が初めてではなく、以前にも入荷する度に何度か飼育した事がある。こんな地味なカエルが何で度々入荷するのかというと、入荷する他の八重山の生き物(一般では主に昆虫やクモ、ムカデなどの蟲に人気があるようで、これらを目当てに原産地で採取していると思われる)に混じって入ってきてしまうからだ

当然売れるわけでもなく隅っこでジッとうずくまっているこのカエルを見ていると、どこか切なく感じてしまいついつい救出したくなってしまう( ;∀;)


でもこのカエル、地味ながら天然記念物に指定されているナミエガエルやオットンガエルに似たどっしりした風格があり、よく見たら中々魅力的なカエルだと私は思う



さて、今回南西諸島の生き物で追加したのはこの2種だけですが、ここで朗報があります

ヤエヤマアオガエルがまた産卵したのです((((;゚Д゚)))))))

ヤエヤマ産卵3

当ブログで何度もお伝えしている通り、2年連続・2シーズン毎回産卵する凄い奴ら!!

最早我が家の恒例行事化しつつあるヤエヤマの産卵。いつもなら年明け頃に行われるのですが、今回は気温の変化が大きかったせいもあるのでしょうか例年よりも早かったです


ヤエヤマ産卵4

しばらくすると別なオスが途中参加してきました!

ヤエヤマアオガエルはカエルでは珍しく一夫一妻を取るので毎回同じペアが産卵します

しかしオスも必死なので、このように便乗してくることもあるのでしょう・・・


それにしても恒例化してきたとはいえ、ここまで産卵するカエルというのもなかなかいないのではないであろうか?

これは仮説ですが、ヤエヤマアオガエルを含むアオガエルの仲間は卵を泡で包んで守るので生存率が高く、他のカエルと比べて1回で産む卵の数が少ないのですが、産む卵の数が少ない分、産卵回数を多くしているのかもしれません


ヤエヤマ卵5

外から見ても卵が薄っすら見えるくらいなので、今回は中々多そうです

卵は周りを包んでいる泡ごと水を張った別な容器に移します

これだけヤエヤマが増えるのならいっその事イベントに出店できないかなぁ?・・・いや、ヤエヤマだけじゃ無理ですよね(;^_^A


でもヤエヤマがうまくいっているのなら、そろそろ他のカエルの繁殖もうまくいってほしいところ

次に繁殖を狙いたいのはアイフィンガーカエル・・・

アイフィンガーとヤエヤマ

間違えてヤエヤマ(今年の1月に孵化して育ったヤングサイズ)に抱き着いてしまっていますが、鳴き声もあげており、写真には写っていませんがメスもかなり状態がいいので期待大!

水槽台活用術

未分類
11 /07 2017

今回は市販の水槽台を使い、水槽周りを上手く活用する方法をご紹介致します(^-^)/


まずはbeforeから!

水槽台

いわゆる通常の60㎝水槽台の上に60㎝ガラス水槽が乗っただけの実に殺風景な光景(;^ω^)

このぽっかり空いた下の空間を活用しないと!


さて、この水槽台、上下で2段60㎝水槽が置けますが、たとえ60㎝水槽とはいえど高さや奥行が異なれば置くことができません(この台の規格は横60㎝、縦30㎝、高さ38㎝)。しかし、ちょっと手を加えることで奥行の異なる水槽を設置することができます

今回はカメ用に横60㎝水槽、縦45㎝、高さ30㎝の水槽を設置します


順を追って説明していきますね

水槽台2

水槽台の手前に、水槽台下段と高さが同じになるように板を敷きます


水槽台3

裏はこんな感じです。材料は余った板やらは材やら、ホームセンターなどで簡単に入手できるものばかり。これをボンドなり両面テープなりで貼り付け台を作ります

でも今回使ったこの台、見ればおわかりのように微妙に横幅が足りないんですよね

初めからちょうどいい幅の板があればよかったのですが・・・


そんな時は・・・

水槽台4

このように両端にさらに2枚板を乗せればOK👌

板を上乗せすれば耐久力も増します。金具で奥の壁に固定すれば、地震対策にもなりますね


水槽台5

はい、これで奥行45㎝の水槽を置くことができました\(^o^)/


ということで、afterです!

水槽台6

カメ水槽のレイアウトの解説は省略します。というのも、カメ水槽は必要最低限の設備(ライト、ヒーター、フィルター、陸地)を入れてあとはシンプルにが鉄則です!どんなに綺麗にレイアウトを施しても、もれなくカメは怪獣の如く全てを破壊してしまうでしょう!(苦笑)


とはいえ、これではやっぱりまだ殺風景ですね。手前のコードも丸見えですし・・・

そんな時は・・・

水槽台7

思い切ってカメ水槽の前にさらに別な台を置いてしまいます!

ニトリで丁度いい高さの台を見つけたのでこちらの台を置きました

台の下には隙間があるので、ここにコードを収めてしまいましょう!


水槽台8

台の上は寒さに弱い観葉植物達を置くのにピッタリ!

何故かというとカメ水槽は絶えず水中ヒーターで水が暖められ、水蒸気が発生することから、強力な加湿器の役割を果たすからです

右からウツボカズラ、リュウビンタイ、パイナップル、マンゴー(吊るしてあるのはチランジア)と熱帯の植物達が並び、殺風景だった水槽周りに一気にインテリア感が出ました!

もちろん植物だけでなく、小物類をおしゃれに飾っても良し!


でもこれじゃせっかくのカメが見えないのでは?

水槽台9

ご安心を!丁度下の段からバッチリ見えます(^-^)/

(写っているのはホオジロクロガメの「ココア」です)

1つ注意点として、カメ水槽は定期的に水替えのメンテナンスが必要不可欠ですので、手前に置いたこの台にはあまり重いものは乗せずに動かせるようにしておくこと!



おしゃれな水槽台は高価で買えない+デカくて置けるスペースがない!という方。安い殺風景な水槽台でもアレンジ次第で見栄えもそれなりにカッコよくできますし、何よりスペースの有効活用にもなりますので上手く工夫してみてはいかがでしょうか?


龍の様なトカゲ クシトカゲ

未分類
10 /31 2017

まずはこの写真をご覧ください

龍のようなトカゲ

これは、比較的最近、ネットニュースで流れた「メコン川流域で龍のような新種のトカゲを発見」という記事の写真です。目の上に長いトゲ状の突起を持っており、これが丁度、龍(どちらかと言えば、西洋のドラゴンの方が近いかもしれない)の角の様に見える実にカッコいいトカゲ!

こんなゲームの異世界に出てきそうな生物ががこの世に存在するというのか⁉



さて、前置きはこれくらいにして、このトカゲは「クシトカゲ」という種類で、頭から背中にかけてトゲ状の突起がずらりと並び、これが櫛(くし)のように見える事からこの名前が付いたという

しかし、せっかく見た目がカッコいいのに名前があまりにも残念過ぎる!

ネットで写真を見てからすっかりクシトカゲの魅力にハマり、飼育も始めた者としてはこんな魅力的なトカゲが世間にあまり知られていないのは実にもったいないことである


というわけで、今回はそんなクシトカゲの魅力をお伝え致します!

まずは既に前から家にいるマレークシトカゲから

マレークシトカゲ ペア2

下で寝ている緑色の子が、オスの「青龍」

その上に乗っかっているのが、メスの「黄龍」(名前は見た目と色で直ぐに決めました)

色に関しては個体差があるみたいですが、どちらも同じ種類です


このトカゲはそんなに大きくはならない(大体30㎝ほど)ので市販の爬虫類ケージでも容易に飼育が可能。基本あまり動かずじっとしているのでバタバタと暴れる事もない。餌食いも悪くなく、コオロギなどの虫を適当にケージに入れれば勝手に食べてくれる

実際飼ってみると意外と飼い易いトカゲだと思う


もちろんこれは理由があって、私がツリーフロッグを専門に飼育していたことから、このトカゲがツリーフロッグの飼育環境と相性が良かったからであろう

湿度は高めで温度はあまり高温にせず、バスキング(日光浴)はするがあまり強い紫外線は要求しないという飼育環境はトカゲというよりもカエルに近い

多くの方はトカゲ飼育でこの感覚を掴むのがなかなか難しいらしく、飼育に関する情報がほとんどないので、この手の樹上性トカゲを飼育したいという方は参考にしてみてもよいかも?(過去記事でケージの設備やレイアウトを紹介しています!)


ところで先ほど「じっとしていて動かない」と書いたが、これが本当に動かない!

マレークシトカゲ6

これは夜に寝ている時の写真だが、なんと天井に逆さにぶら下がったまま寝ている!(゚д゚)

こんな体制でも平気で寝ているのだ

更にはこんな姿も!

マレークシトカゲ7

なんと両腕の爪だけでぶら下がっている!(゚д゚)(この後この体制のまま寝てしまいました!)

我々から見ればどう見ても無理な体制も彼らにとってはこれが落ち着くのかもしれない。逆に地上に手足を付ける事は殆ど無いので、彼らを飼育する際には高さのあるケージを用いて、壁面を網にしたりコルク板を貼ったりして垂直に登って落ち着ける場所を作るとよいだろう

動かないのであまり飼っていて面白くない感じもするが、逆に言えば逃げも隠れもしないのでそのカッコいい姿をじっくりと観察できるのは大きな魅力だと思う


さて、お次はつい最近お迎えしたばかりの別種のクシトカゲです!

プーケットクシトカゲ

プーケットクシトカゲ Acanthosaura Phuketensis

あれ?さっきのマレークシトカゲとあんまり変わらないじゃん!!

いやいや、何を!コイツこそが冒頭写真の「龍の様な新種のトカゲ」そのものなのだ!

まさかあの伝説のトカゲが入荷するとは思っていなかっただけに、入ってきた時は衝撃だった(そしてお迎えしました)

マレークシトカゲと変わらない見た目なのはまだ若いからで、これから成長していくにつれてトゲ状の「櫛」が伸びていくのだそう!う~ん・・・これは楽しみだ!


クシトカゲの仲間は国内はおろか海外でもブリード化されておらず、たまに野生のものが入ってくる程度(しかも着状態があまりよくない)

幸いマレークシトカゲも今回のプーケットクシトカゲも状態が良く、しかもペアなので上手く育ってくれれば繁殖にも挑戦したいですね!


ちなみに先ほどもチラッと写っていましたが・・・

エリマキトカゲとクシトカゲ

エリマキトカゲも同居しています(*^_^*)

エリマキトカゲもまたじっと動かないタイプのトカゲなので、ある程度広いスペースならとくに喧嘩したりせず仲良くやっています

最もどちらもまだ若い個体なので、これが成熟して繁殖期を迎えたらそうはいかないでしょう

それにエリマキトカゲの方が成長すると大きくなるのでいずれは別居させることになるわけですが、とりあえず今はこのままで!



では、最後に本日はハロウィンということで、仮装っぽく合成してみたこちらの画像で〆ましょう!

クシトカゲ ドラゴン

羽を付ければもうドラゴンそのもの⁉

ゆうめいないきもの

未分類
07 /25 2017

先週・先々週と自作ケージを紹介し、最近樹上性トカゲの方にハマりつつあるこの頃

ここにきて満を持してあの有名なトカゲを迎え入れました

爬虫類に詳しくない方でもおそらくその存在は知っているであろうそのトカゲがこちら!

エリマキトカゲ2

・・・ん?

エリマキトカゲ

何か地味なトカゲだなぁ・・・

エリマキトカゲ3

「何だ!ただのキノボリトカゲじゃん!!」

いやいや、失礼な!!なら、これでどうだ!!

エリマキトカゲ0

ここまできたらもうおわかりでしょう!

エリマキトカゲChlamydosaurus kingii)

その昔、三菱の車のCMで一躍有名になったトカゲです。このCMの中での映像はエリマキを広げたまま、二足歩行で荒野を走る姿が脚光を浴びましたが、実際にはこのような行動はほとんどやりません!

エリマキトカゲが生息しているのは荒野や草原ではなく、熱帯のジャングルで木の上で暮らしているのがほとんど。要はキノボリトカゲやクシトカゲと同じく樹上性トカゲなのである

ゆえに二足歩行で走る事もほとんどないが、エリマキを広げることすら稀であり、普段は上3枚の写真のような地味なトカゲになってしまう。実際エリマキトカゲはペットとしてたまに売られていることもあるのだが、これだけ知名度の高いトカゲであるにも関わらず全く売れない!そりゃあ、こんな地味なトカゲよりももっとカッコいいトカゲはいくらでもいるのだから、当然だろう・・・

 

しかしそれでも飼いたいと思うのは、幼い頃からあったこのトカゲに対する思い入れの強さであろう。話題になったCMの画像だが、やはり他のトカゲにはない強烈なインパクトがこのトカゲにはある!

たとえ地味でもこれはあのエリマキトカゲなのだ!

 

 

さて、エリマキトカゲを紹介したところで、もう一種CMで有名になったあの生き物も紹介しておきましょう!こちらは新しく迎え入れたのではなく、以前からいたものです

 

メキシコサラマンダーAmbystoma mexicanum)またの名をウーパールーパー(既にこちらのネーミングで浸透してしまっておりますが、こちらはあくまで「商品名」であり、正式な呼び名ではないので要注意!)

メキシコサラマンダー

・・・ん?

メキシコサラマンダー2

何かイメージと違うような・・・

メキシコサラマンダー3

「何だ!この不気味なサンショウウオの化け物は!こんなの僕が知ってる可愛いウーパールーパーじゃない!!」

いやいや、本来のメキシコサラマンダーはこんなんだぞ!!


その昔、日清のカップ焼きそばのCMで一躍有名になったサンショウウオの仲間です。このCMの中での映像では白い色の個体で、これが可愛いと脚光を浴びましたが、これは「アルビノリューシ」という改良品種です

本来のメキシコサラマンダーは黒っぽい色で、成長してもエラが付いたままのサンショウウオといったところです。しかし、その実態を知っている人はあまりいないでしょう!

実際メキシコサラマンダーはペットとしてよく売られていますが、やはり売れているのは人気の高いアルビノリューシがほとんど!国内で流通している全ての個体が改良品種の遺伝子を持ち、本来の野生のメキシコサラマンダーの遺伝子はほとんど残ってないのだとか・・・もはやここまでくると「メキシコサラマンダー」ではなく「ウーパールーパー」という名の別な生物と思ってしまってもおかしくないであろう

 

メキシコサラマンダー0  

勿論、我が家の黒いメキシコサラマンダーも改良品種の遺伝子を持つもので、野生の物とは程遠い存在ではあるのだが、それでもこのどことなく野生っぽい感じがいつものウーパールーパーとは違う味があってこれはこれで気に入っているのだ

「ウーパールーパー?そんなふざけた名前で呼ぶな!俺はメキシコサラマンダーだ!!」

マレークシトカゲ

未分類
07 /04 2017

マレークシトカゲの♀を手に入れるためにはるばる伊豆まで行き、ようやくお迎えする事ができました!


マレークシトカゲ ペア

マレークシトカゲ (Acanthosaura armata)

全長20-30cm


上の緑色の方が前からいるで、黄銅色(?)っぽい方が新しく迎えたです。色には個体差があるので、このように全く違う色をしていても同じ種類になります

このトカゲの最大の特徴は何といっても目の上に伸びた2本のトゲ!このトゲがちょうどツノのように見え、まるでドラゴンや怪獣のようでカッコいい!!このツノは♂♀どちらもあります


マレークシトカゲ4

「ふぁーっふぁっふぁっふぁー!!」

何かゲームの敵キャラで出てきてきそうな迫力のある登場シーンですね(笑)

これだけ魅力的なトカゲなのに人気がないのは名前のせいでしょうか?同じく東南アジアに生息する樹上性アガマの中には「ウォータードラゴン」だの「モリドラゴン」だの名前にドラゴンが付く連中が多いのに対して、「クシトカゲ」という名前はいまいち迫力不足かもしれませんね~


せっかくペアが揃ったのでそれぞれに名前を付けることにしました。普段カエルとか数が多いものは名前を付けることはないのですが、カメやトカゲなどの少数で飼っているものに対しては名前を付けております。何より「マレークシトカゲ」とか「トラバンコアヤマガメ」とかすごく言いづらいですし

(;^_^A

・・・というわけで、♂の方を「青龍」、♀の方を「黄龍」と呼ぶことにします!

結局ドラゴンかい!!


トビガエルとクシトカゲ

我が家では樹上性のトカゲと樹上性のカエルを同居させています(写真左はトビガエル)

サイズの違いで食べられるおそれがなければ特に同居させても何も問題ありません

一般的にこのような樹上性トカゲやカエルは飼育が難しいと言われておりますが、我が家ではなぜかこのようなクセのある連中の方が調子が良いみたいです。逆に飼育が簡単と言われているような地表性ヤモリイエアメガエルのような入門種が家ではことごとく調子が良くなかったりと不思議な現象が起きております!

たぶん温度ですかねぇ~・・・?


もしかすると我が家はヒョウモントカゲモドキフトアゴヒゲトカゲのような入門種よりもカメレオンのような上級種の方が相性がよいのでしょうか?

我が家の飼育環境についてはいずれ記事にしようと思います。そろそろ新しい自作ケージも作りたい所ですしその時に改めて紹介致します!



樹上性トカゲつながりでこちらも朗報させていただきます!

サキシマキノボリトカゲのベビーが誕生しました!!


サキシマベビー

サキシマキノボリトカゲ (Japalura polygonata ishigakiensis)

全長17-20cm


5月半ば頃に卵を産んで、6月末に孵化しました。産卵はケージ内に植えていた植物の根元の水ゴケの中に産み付けられており、そのまま乾かさないようにしておけば勝手に孵化しました(孵化器に入れて温める必要はないようです)

結構気づかれない所でいきなり産んでいたりするので、ケージ内の用土はこまめにチェックしておくといいかもしれませんね。あといくら産みっぱなしで孵化するとはいっても、親に確実に食べられてしまいますので、必ず卵は別な容器に移すこと!


サキシマベビー2

元々小さなトカゲですから、ベビーもとても小さい!!

餌も小さな虫を用意する必要がありますが、既にヤエヤマアオガエルのベビーの飼育で小さな虫の確保は十分ですので、そこは問題ないでしょう!


しかしこれだけ小さなトカゲがあの八重山の亜熱帯の環境で生きぬいていくことは過酷なものなんだなぁと思います。八重山には鳥や蛇は勿論、クモやカマキリなどの肉食の蟲も沢山いて(しかも本土のものと比べてデカい!)キノボリトカゲの天敵は相当な数がいると思いますから、生き残れる確率は本当に僅かでしょう。

ただでさえ天敵の多い中で最近ではマングースクジャクイグアナなどの外来種までもが加わり、生息数は激減しているんだとか(;д;)


同じく八重山に生息するトカゲのサキシマカナヘビはブリーダー様による繁殖が比較的盛んに行われているようですが、キノボリトカゲの方は繁殖例が少なく、未だにペットとして流通するのは野生の個体を捕獲してきているのが現状です。貴重なCB個体として大切に飼育していきたいですね!


今回のキノボリトカゲの繁殖は樹上性トカゲの飼育としては大きな一歩!

この調子でクシトカゲの繁殖にも成功できたらいいなぁ・・・





ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。