FC2ブログ

超久々のカメ記事

未分類
01 /31 2018

タイトルの通り今回はカメ記事です!超久々です!もう出ないかと思っていた方もいるはず!

とはいえ、別にあれからに新しいカメをお迎えしたわけでもありません!

でも何故今更になってカメ記事なのか?


実は私、先週カメ会なるものに出席し今後はカメ関係の方々とも関りを持つようになろうと思い、今回改めて我が家のカメを紹介する記事を設けました。ブログの名刺を配ったこともあるので、挨拶がてらというのもありますね(^-^)/

去年は「食虫植物の会」にも参加していたり、改めて趣味の範囲が広くなっていくなぁ~と思うこの頃

でもあれこれと収集が付かなくなってしまうのもアレなんで、やっぱりメインはカエルでいきたいかな?


それではメンツは全く変わっていませんが改めて我が家のカメをご紹介致しましょう!


トラバンコアヤマガメ4

トラバンコアヤマガメ Melanochelys trijuga coronata 名前「にこ」

「クロヤマガメ」と呼ばれるカメの一亜種の一つで、この仲間は亜種間で多彩な種がいることで有名

「ヤマガメ」の名前が付いておりますが、日本のイシガメなどと同様ほとんどを水中で過ごす「ミズガメ」です

一見地味なカメですが、写真のように正面顔がニコッと笑っているかのような愛らしい顔で、一部の亀ファンからも隠れた人気を誇っているのだとか?

2年前くらいに偶然このカメを見つけて思わず衝動買い(;^ω^)


ホオジロクロガメ5

ホオジロクロガメ Siebenrockiella crassicollis 名前「ここあ」

トラバンコアヤマガメと並んで愛らしい顔のカメです

ミズガメの中でもデリケートな方で、特に水温が低いと一度落ち着いた個体でもすぐ体調を崩してしまうほど。過去にこの個体以外にも2頭ほど飼育していましたが、今はこの1頭のみ。普通のカメならこのくらいのサイズになってくるとそう簡単には死なない丈夫なものなのですが、このカメに関しましては例外かもしれません


この他にも捨てガメから引き取ったアカミミガメ (Trachemys scripta) や、全身真っ黒黒化クサガメ (Mauremys reevesii) がいるのですがこちらは屋外飼育で現在冬眠中(写真は過去記事で載せたもの)ですアカミミガメ

クサガメ2


・・・というわけでこんなメンバーでかれこれ2年以上(アカミミガメはもっと長い)、特に何の変化もなく付き合いをしてきたわけですが、今年になってある物が手に入ってしまった為、ちょっとカメの飼育にも力を入れてみようかと思いました


そのある物とは・・・

カメタンク01

この自作タートルタブである

「タートルタブ」とはカメ飼育専用に市販されている生簀のこと

仕事の関係上、丁度これに適した廃材が出てきましたので早速再利用してみることに!

元々は屋上の薬注タンクで、廃材として捨てられるものだったのですが、上部分をカットして中を良く洗えば(薬品が入っていたものなので洗浄はしっかりと!)あっという間にタートルタブの出来上がり!

以前の記事で紹介した同じく廃タンクを再利用した自作爬虫類ケージと比べると、簡単な加工で済みました!

カメタンク03

サイズは幅100㎝・縦50㎝・高さ30㎝という大容量!

元々屋外使用に対応されており、夏場の強い紫外線から冬場の凍結にも強い頑丈な樹脂製

カメタンク04

中の様子

上部分はカットしていますが、蓋をのせられるのと持つときの取っ手になるように十字部分は残しました

カメタンク06

前から見た様子(手前はポンプを設置していたスペース)

カメタンク07

そして極めつけは何と言ってもこの排水システムでしょう!

ここから水が抜けるので水替えが楽々(ただし若干穴が小さいので、一気にドバっとは抜けないのがたまにキズ)


いやぁ~凄いものが来たなぁ~

こんなものがあるならそりゃカメ飼うっきゃないでしょ(笑)


とはいえこれだけのデカ物である。狭い我が家の室内には当然収まらず、屋上のスペースに放置という何とも残念な状況に・・・

そしてこんなのが現在計5個もあって邪魔でしょうがないのだ!

近いうちにオークションにでも出品してみようかとも考えてはいるけど、う~ん・・・



あ、そうそう

オークションといえば、そろそろまたヤエヤマアオガエルのオタマを出品する予定でしたが、まだ外は寒すぎて発送が困難なためもう少し延期することに致しました

オタマ達はまだまだ沢山おりますので、暖かくなるまでもう少し待っててね

2017年の総まとめ

未分類
01 /01 2018

新年あけましておめでとうございます(^-^)/

前記事で予告した通り、今回は遅れながら去年の総まとめ的な事をやります!

去年はとにかくいろいろお迎えが多かった・・・爬虫類両生類飼育も大分年数が経ち、自身が付いてきたからというのもあり、憧れの生体の飼育にも手を出していった年でした


しかし、満を持してお迎えしても時には上手くいかないこともある!

まずは反省点からという事で、去年お迎えしたもののお亡くなりになってしまった方々の報告から


チャコガエル9

チャコガエル

去年1月と2月にそれぞれ一匹ずつお迎えした期待のカエルでしたが、夏と秋にそれぞれお亡くなりになりました。餌食い等も問題なく、比較的丈夫なカエルだったのですが・・・

既にお迎えした際に飼い込みのアダルトだった為、かなりお年を召していたのか、それとも単に私の飼い方が悪かったのか、最期は水入れに入ってばかりだったりと徐々に動きが鈍ってゆき静かに息を引き取りました(;д;)


アカトマトガエル8

アカトマトガエル

ついちょっと前まで記事にしたばかりなのにまさかのお亡くなりに。゚(゚´Д`゚)゚。

しかも何の前触れもなく急にコロッと逝ってしまった・・・

これまでのカエル達はお亡くなりになる際には弱ってくる兆候が見られたものだが、このアカトマトガエルにははそれすらない

5月頃に迎えたヤング個体も同様に直ぐに逝ってしまっており、改めて生き物の飼育が何でも思うようにはいかないという事を痛感させられたカエルでした


チャコガエルもアカトマトガエルも図鑑でしか見たことのない憧れのカエルなだけに、ショックです

しかし、上手くいかなかったものもあれば逆に上手くいったものもある!


エリマキとクシ

エリマキとクシ2

エリマキトカゲ

プーケットクシトカゲ

去年はこのような樹上性トカゲ飼育にも力を入れた年でしたが、自作のケージを使った飼育の工夫が上手くいったのか、順調に育っております( ^ω^ )

マレークシトカゲ8

マレークシトカゲ

樹上性トカゲは飼育に関する情報が少ない中、試行錯誤ですが飼育方法を少しでも確立できればと考えております。ペアでいるものもいるのであわよくば繁殖も狙えれば最高なんですが・・・まずは今年もしっかり飼育を継続できることですね~


以前の記事でもチラッと述べましたが、どうも我が家は樹上性のカエルやトカゲの飼育の方が向いていて、逆に地表性の種はどうもうまくいかないみたいです。次にお迎えする際にはそこを考慮した方がいいのかもしれません

最も一部の地表性の種はまだ残っていますが・・・

ヒメアマガエル3

ヒメアマガエルとか

ファンタジーツノガエル2

ファンタジーツノガエルとか

この辺りは元々がかなり丈夫なカエルなので、地表性が下手な私でもなんとかやっていけたのかもしれません。トマトやチャコがいなくなった分、せめて彼らはしっかりと継続して飼育が続けられるよう頑張ります!



・・・というわけで簡潔ながら去年の総まとめをさせていただきました

さて、今年はどんな年になりどんなお迎えをするのか?いや、既にいるメンバーだけでも結構記事から忘れられているのがいるし、それらももっとピックアップしていかないとですね(;^ω^)

ではみなさん今年もどうぞよろしくお願いします(^-^)/



最後に朗報載せておきます

お年玉2

毎年恒例のヤエヤマアオガエルのオタマジャクシを出品します

今回は例年よりも早く、新年早々に間に合ったので、「お年玉じゃくし」と題して激安で販売しますよ!欲しい方は是非!

ヤエヤマトリプル

親の方も相変わらずやる気満々

でもこれ以上卵を産まれても流石に後が大変なことになりますので、一旦オスとメスを別居させて休ませています。それでもオスの方は鳴きまくるのですけどね・・・



サイレンとnight!

未分類
12 /25 2017

おそらく今年最後の記事になるであろう今回は、ここ最近の新入りラッシュの中から紹介するのをすっかり忘れていたある生き物が登場します!


その生き物とは・・・

ドワーフサイレン

ドワーフサイレン(ヒメヌマサイレン) Pseudobranchus striatus

両生類界の珍獣、サイレンが我が家にやってきた!

時期がクリスマスなだけに、ここぞとばかりに寒いタイトルをぶち込みました( ̄^ ̄)ゞ


・・・と一人で勝手に盛り上がったところで、あらためてこの謎の生命体を見せつけられてもほとんどの方は「サイレンって何ぞや?」ってなりますよね(;^ω^)

サイレンは両生類の仲間。水の中にいるのでぱっと見ウナギかドジョウの様にも見えますが魚ではありません!

ドワーフサイレン2

顔の後ろにはウーパールーパーことメキシコサラマンダーと同じエラがあり、更にその後ろには小さな手が生えていますサイレンは後ろ足がなく、前足しかありません!ウーパールーパーの上半身にウナギの下半身をくっ付けたような何とも奇妙な生き物ですね


この様な特徴から神話に登場する人魚セイレーン」から名前をとって、サイレンという名前が付けられました。こうやって体の構造を解説すれば何となくわからないこともないのですが、これを人魚に例えるという発想は凄いですね(;゜0゜)

ちなみに警報でうーうー鳴っているサイレンも神話のセイレーンからきています。神話のセイレーンについては調べれば勝手に出てきますので省略!興味のある方は自分で調べて(投げやり(^^;)!


さて、サイレンという生き物の魅力を少しでも伝えられたかと思われたところですが、何せこのドワーフサイレン、ドワーフ=小人の名前が付いているだけにとにかく小さい!ましてや今回お迎えしたのは成長過程のまだ若い個体

写真はだいぶ拡大していますが、実際はちょっと大きめのシラスを引き延ばしたくらいの大きさ。成長しても最大10~20㎝程度とドジョウよりも小さいです

なお、サイレンの仲間にはドワーフサイレンの他にも30㎝程度の中くらいサイズのレッサーサイレン、そして最大1m近くにもなる大物グレーターサイレンというのもいます。いずれも飼育可能な種類ですので興味のある方はこれらの種類も調べてみると面白いですよ(再び投げやり(^^;)!


ドワーフサイレン餌

そんな珍獣サイレンの飼育方法は意外と簡単(*^_^*)

水槽でもプラケースでも何でもいいから水の浅く張って、身を隠せるシェルターを入れればOK!

砂は無くてもいいが、あった方が落ち着くので入れる方を推奨します

水温・水質にはうるさくなく、フィルターやヒーターが無くても飼えますが、あった方が万全です。この辺りは金魚と同じ要領で、「金魚飼育セット」なるホームセンターで売っている安いヤツがあればサイレンの飼育は十分可能でしょう(金魚よりも丈夫かもしれない)

餌は冷凍アカムシやイトミミズなどを食べてくれます



以上遅れながらドワーフサイレンの紹介でした(^-^)/


ところで、クリスマスの夜にこんな寒いタイトルネタぶち込んでなんてなんて寂しい奴なんだと思いますよね?

そんな事はないですよ!クリスマスプレゼント貰いましたよ!

ウーパールーパー

メキシコサラマンダー(リューシスティック)

多くの方がいわゆる「ウーパールーパー」と呼ぶオードソックスなメキシコサラマンダーを頂きました(^-^)/

メキシコサラマンダーにも色々な品種がいますが、やっぱりこのタイプは素直に可愛い(* ´ ▽ ` *)

メキシコサラマンダー

前からいるこの個体と比べてみても・・・う~ん・・・同じ種類の生き物とは思えない!(゚д゚)

まぁ、どちらもそれぞれ魅力があっていいじゃない!



・・・というわけで年内の記事はこれにて終了!

本当は一年の総集編をやりたかったのですが、年末は仕事が忙しいうえに、つい一週間前の間だけでもまとめるのが追い付かないくらいいろいろなことがありましたので、その辺りは年明け一発目にやろうと思います

それでは皆様、良い年末年始を!

南西諸島の生き物達~パート2~

未分類
11 /27 2017

前回の記事で新たにアイフィンガーガエル、ヒメアマガエル、ハロウェルアマガエルと南西諸島の生き物達を続々お迎えしてきてから一週間をあけたころですが、南西諸島フィーバーはなんとまだ続きます!


先日アクアリウムバスというイベントに参加し、八重山の珍しい生き物達がいたので思わずお迎え!

いわゆる生き物の即売会イベントの中でもこのアクアリウムバスはどさくさに紛れてマイナーなものが混じったりしているので面白いです(過去にもこのイベントではサガリバナとかニオイアダンとか、私のような余程の物好きしか買わないであろうマイナー植物が平然と並べられていました)

ちなみに名前に「アクアリウム」と付いていますが、実際はアクアと全く縁のない小動物や虫や植物までなんでもありのかなりフリーダムなイベント。そのフリーダムさ故か、思わぬ掘り出し物が出てくる率が高いのもうなずけます(;^ω^)


それでは今回イベントで新たに「チーム南西諸島」に加わったメンバーをご紹介致します(^-^)/


サキシマキノボリトカゲ10

サキシマキノボリトカゲ

前回ショップで入荷はあったものの、メスがいなかったので見送っていたキノボリトカゲ

イベントで格安で売られていたので思わずお迎え!しかも2匹(これで現在計4匹のキノボリトカゲが家にいます)

性別はまだわかりませんが、もしメスだったら繁殖のリベンジにも期待したい所(前回は孵化までいったものの幼体が余りにも小さく飼育がうまくいきませんでした)


サキシマヌマガエル

サキシマヌマガエル Fejervarya sakishimensis

八重山諸島と宮古諸島に分布する日本固有種のカエル

本土のヌマガエルと比べると体が大きく、よく跳ねる(捕まえるのが大変!)。名前に「沼」とあるが、本種は水場から離れた場所にも生息している(地表性カエルのような飼い方で飼育できるのだ)


実はこのサキシマヌマガエル、飼育は今回が初めてではなく、以前にも入荷する度に何度か飼育した事がある。こんな地味なカエルが何で度々入荷するのかというと、入荷する他の八重山の生き物(一般では主に昆虫やクモ、ムカデなどの蟲に人気があるようで、これらを目当てに原産地で採取していると思われる)に混じって入ってきてしまうからだ

当然売れるわけでもなく隅っこでジッとうずくまっているこのカエルを見ていると、どこか切なく感じてしまいついつい救出したくなってしまう( ;∀;)


でもこのカエル、地味ながら天然記念物に指定されているナミエガエルやオットンガエルに似たどっしりした風格があり、よく見たら中々魅力的なカエルだと私は思う



さて、今回南西諸島の生き物で追加したのはこの2種だけですが、ここで朗報があります

ヤエヤマアオガエルがまた産卵したのです((((;゚Д゚)))))))

ヤエヤマ産卵3

当ブログで何度もお伝えしている通り、2年連続・2シーズン毎回産卵する凄い奴ら!!

最早我が家の恒例行事化しつつあるヤエヤマの産卵。いつもなら年明け頃に行われるのですが、今回は気温の変化が大きかったせいもあるのでしょうか例年よりも早かったです


ヤエヤマ産卵4

しばらくすると別なオスが途中参加してきました!

ヤエヤマアオガエルはカエルでは珍しく一夫一妻を取るので毎回同じペアが産卵します

しかしオスも必死なので、このように便乗してくることもあるのでしょう・・・


それにしても恒例化してきたとはいえ、ここまで産卵するカエルというのもなかなかいないのではないであろうか?

これは仮説ですが、ヤエヤマアオガエルを含むアオガエルの仲間は卵を泡で包んで守るので生存率が高く、他のカエルと比べて1回で産む卵の数が少ないのですが、産む卵の数が少ない分、産卵回数を多くしているのかもしれません


ヤエヤマ卵5

外から見ても卵が薄っすら見えるくらいなので、今回は中々多そうです

卵は周りを包んでいる泡ごと水を張った別な容器に移します

これだけヤエヤマが増えるのならいっその事イベントに出店できないかなぁ?・・・いや、ヤエヤマだけじゃ無理ですよね(;^_^A


でもヤエヤマがうまくいっているのなら、そろそろ他のカエルの繁殖もうまくいってほしいところ

次に繁殖を狙いたいのはアイフィンガーカエル・・・

アイフィンガーとヤエヤマ

間違えてヤエヤマ(今年の1月に孵化して育ったヤングサイズ)に抱き着いてしまっていますが、鳴き声もあげており、写真には写っていませんがメスもかなり状態がいいので期待大!

水槽台活用術

未分類
11 /07 2017

今回は市販の水槽台を使い、水槽周りを上手く活用する方法をご紹介致します(^-^)/


まずはbeforeから!

水槽台

いわゆる通常の60㎝水槽台の上に60㎝ガラス水槽が乗っただけの実に殺風景な光景(;^ω^)

このぽっかり空いた下の空間を活用しないと!


さて、この水槽台、上下で2段60㎝水槽が置けますが、たとえ60㎝水槽とはいえど高さや奥行が異なれば置くことができません(この台の規格は横60㎝、縦30㎝、高さ38㎝)。しかし、ちょっと手を加えることで奥行の異なる水槽を設置することができます

今回はカメ用に横60㎝水槽、縦45㎝、高さ30㎝の水槽を設置します


順を追って説明していきますね

水槽台2

水槽台の手前に、水槽台下段と高さが同じになるように板を敷きます


水槽台3

裏はこんな感じです。材料は余った板やらは材やら、ホームセンターなどで簡単に入手できるものばかり。これをボンドなり両面テープなりで貼り付け台を作ります

でも今回使ったこの台、見ればおわかりのように微妙に横幅が足りないんですよね

初めからちょうどいい幅の板があればよかったのですが・・・


そんな時は・・・

水槽台4

このように両端にさらに2枚板を乗せればOK👌

板を上乗せすれば耐久力も増します。金具で奥の壁に固定すれば、地震対策にもなりますね


水槽台5

はい、これで奥行45㎝の水槽を置くことができました\(^o^)/


ということで、afterです!

水槽台6

カメ水槽のレイアウトの解説は省略します。というのも、カメ水槽は必要最低限の設備(ライト、ヒーター、フィルター、陸地)を入れてあとはシンプルにが鉄則です!どんなに綺麗にレイアウトを施しても、もれなくカメは怪獣の如く全てを破壊してしまうでしょう!(苦笑)


とはいえ、これではやっぱりまだ殺風景ですね。手前のコードも丸見えですし・・・

そんな時は・・・

水槽台7

思い切ってカメ水槽の前にさらに別な台を置いてしまいます!

ニトリで丁度いい高さの台を見つけたのでこちらの台を置きました

台の下には隙間があるので、ここにコードを収めてしまいましょう!


水槽台8

台の上は寒さに弱い観葉植物達を置くのにピッタリ!

何故かというとカメ水槽は絶えず水中ヒーターで水が暖められ、水蒸気が発生することから、強力な加湿器の役割を果たすからです

右からウツボカズラ、リュウビンタイ、パイナップル、マンゴー(吊るしてあるのはチランジア)と熱帯の植物達が並び、殺風景だった水槽周りに一気にインテリア感が出ました!

もちろん植物だけでなく、小物類をおしゃれに飾っても良し!


でもこれじゃせっかくのカメが見えないのでは?

水槽台9

ご安心を!丁度下の段からバッチリ見えます(^-^)/

(写っているのはホオジロクロガメの「ココア」です)

1つ注意点として、カメ水槽は定期的に水替えのメンテナンスが必要不可欠ですので、手前に置いたこの台にはあまり重いものは乗せずに動かせるようにしておくこと!



おしゃれな水槽台は高価で買えない+デカくて置けるスペースがない!という方。安い殺風景な水槽台でもアレンジ次第で見栄えもそれなりにカッコよくできますし、何よりスペースの有効活用にもなりますので上手く工夫してみてはいかがでしょうか?


ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)