FC2ブログ

龍の様なトカゲ クシトカゲ リベンジ

未分類
11 /06 2018

今回はクシトカゲの特集です(「リベンジ」と付いているのは丁度去年に同名の記事を載せているから)

1年前から飼育しているものから、最近お迎えしたものまで3種類のクシトカゲが登場します

これまでクシトカゲをあまり馴染みのないマイナーなトカゲだと思っていた方!これを見たらきっと覆されるはず‼

さぁ、華麗なるトカゲ一族の登場です(^-^)/



マレークシトカゲ8

マレークシトカゲ Acanthosaura armata

まず登場するのはクシトカゲの中の代表種

特徴は目の上に伸びた2本のトゲ状の突起で、これがまるで龍の角のようで実にカッコいい‼

マレークシトカゲ9

餌のデュビアを食べているところ

見よ!この迫力満点の捕食シーン‼CG無しでそのまま映画に出られそう⁉

マレークシトカゲ ペア2

色彩に関しては個体差があるようで写真のような緑色のものから黄色いものまで様々

おそらく現地のジャングルの木々に上手く擬態しているのだろう。実際飼育していても殆ど動かないトカゲなので現地で見つけるのは困難でしょうね(;^_^A

また気分や状態によって色を変える事ができ、興奮している時は特に鮮やかな模様が出てきます。この辺はカメレオンに似ていますね


写真の個体は1年前に飼っていたペアでしたが、今夏にお亡くなりに(´;ω;`)

しかし、つい最近新たなペアが入荷しているのを見つけ再び飼育にリトライ!現在立ち上げ中ですが餌もしっかり食ってくれるし順調に育ってくれるといいな~


マレークシトカゲの2

さぁ、次行ってみよう‼(なんだこのポーズW)



プーケットクシトカゲ8

プーケットクシトカゲ A.phuketensis

次に登場するのは比較的最近になって発見された新種のクシトカゲ

一見マレークシトカゲと大して変わらない外見ですが、頭の上部分の突起がマレーよりも刺々しく発達しています。目の周りが黒いのも特徴

色が地味であまりパッとしないと思った方はこの画像を見てもらいたい

龍の様なトカゲ

資料写真ですが、これは現地で発見されたプーケットクシトカゲの画像

凄いですね!まさに龍の様‼

プーケットクシトカゲ3

・・・で、こちらがうちで飼っているヤツ(笑)

まぁ、凄みは若干落ちてしまっていますが面影はあるでしょ!(;^ω^)

1年前、資料写真のトカゲが入荷したという情報を聞きつけ即座に購入しに行ったのに、そこにいたのはマレーと大して変わらん地味なトカゲじゃねぇか‼と正直私も思いました

そんな事も思いつつもお迎えしてからはよ1年・・・

プーケットクシトカゲ10

今では飼い主が近づくと餌がもらえると思ってケージ入口前まで寄ってきたり、威嚇アピールしてきたりなかなか愛嬌のあるヤツになりました( ^ω^ )

飼育情報が無く、クシトカゲの長期飼育例自体殆どない中、ここまで元気に育ってくれたのは嬉しい!(マレーも状態良さげと思いきや急に落ちましたからね・・・)


エリマキとクシ

さぁ、次行ってみよう‼(だからなんだよこのポーズW)

クシトカゲは基本動かないトカゲですが、このようにたまに変なポーズのまま静止していたりします

(あと一緒に写っているのは今年の夏まで飼育していたエリマキトカゲです)



ナタリアクシトカゲ2

ナタリアクシトカゲ A.nataliae

最後に登場するのはこれまた凄いヤツがやってきた!(調べたところ一応プーケットよりも前に発見はされていたらしい)

写真を見ればお分かりの通り、背中のトゲトゲが物凄い迫力!龍というよりも西洋のドラゴンを思わせるカッコ良さ‼

ナタリアクシトカゲ

こちらはショップさんで撮らせてもらった別個体の写真(既に売約済みでした)

やはりマレー同様個体差や状態によって色彩は異なるようだ

ナタリアクシトカゲ3

身体の大きさもマレーやプーケットと比べるとデカい!(この個体は全長45㎝、後ろに写っているプーケットが25㎝)樹上性アガマ全般で見ればそこまで大きくもないのですが、クシトカゲの仲間では大型の部類に入るでしょう!


去年のプーケットに続き今年もこんなカッコいいトカゲを見つけて、世の中にはまだまだ見たこともない凄いトカゲがまだまだいるんだなぁ~としみじみ感じさせられました

ナタリアクシトカゲ4

しかしそんな期待の新生と思いきや、実はこの個体ブログに出しておきながら既に亡くなってしまっているという。それもお迎えしてから僅か一週間というはかないものでした・・・(´;ω;`)

でもこればかりは仕方がない。プーケットの時もふれましたが、クシトカゲは飼育方自体がまだよくわかっておらず、未だ長期飼育例もない飼育難易度の高い樹上性トカゲです。また入荷するのもワイルドで殆どが着状態で弱ってしまう為立ち上げが難しいのも現状だ

今回お迎えした個体は正直入荷していた他の個体よりも痩せていたし、それでもこれまでクシトカゲを飼育してきたスキルでなんとか立ち上げてやろうと努力しましたが、結局敵いませんでした

しかし僅か一週間の付き合いだったとはいえ、その見事な姿を見せてくれたのはそれだけでも充分価値があったと思います



さて、マレークシトカゲ、プーケットクシトカゲ、ナタリアクシトカゲと3大クシトカゲを紹介しきったことですが、こんなにカッコいいトカゲが世間にあまり知られていないのは実に勿体ない!

3種を飼育してまだまだブログでも紹介しきれていない写真も沢山あるから、いずれは彼らの写真集を作ってお披露目したいですね(*^_^*)

でも、まずは継続飼育中のプーケットクシトカゲと新たにお迎えしたばかりのマレークシトカゲの成長を見守るという事で今回の記事はここまで!

プーケットクシトカゲ12

(つ∀-)オヤスミー

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)