FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの日だヨ!全員集合!!2018(国産種編)

カエル
06 /02 2018

先月は全くブログを更新せず、閉鎖的な状況になっていましたが、今月から無事再開するので宜しくお願い致します。なにせ6月は「カエルの日」もありますし、ブログを始めたのもこの時期で丁度2年目に突入しようとしております(^-^)/


というわけで、去年もこの時期にやっていた現在我が家にいるカエル達を改めて紹介してまとめる記事を今年もやります!とはいえ現在それなりの種類がおり、一度に記事でまとめるのが大変なので(;^ω^)、国産と外国産で2回に分けて紹介していこうと思います


それではまず国産種から!

国産種といっても全て本土のものではなく、沖縄や南西諸島のカエルばかりだったり・・・


アイフィンガーガエル Chirixalus eiffingeri

アイフィンガーガエルベビー2

前記事でも紹介させて頂きましたが、我が家で繁殖にも成功したカエルです

解説は前記事にまとめているので省略(いきなり!手抜き!)

代わりに前回載せられなかったベビーの写真を載せておきます(;^_^A


サキシマヌマガエル Fejervarya sakishimensis

サキシマヌマガエル2

過去に1度だけブログに出てきたような、紹介しなかったような?それだけ存在感が薄い・・・というよりほとんど隠れて出てこない!

掃除のときに捕まえてやっとみる事ができるくらい・・・

名前の通り、ヌマガエルの仲間ですが本土のものと比べて体が大きくトノサマガエルやダルマガエルの様な貫禄!また本土のヌマガエルと違い水場から離れた場所でも生息しているタフなヤツ!

サキシマヌマガエル3

しかし改めて見てみるとがっしりとした体格で中々迫力のあるカエルですよね(*^_^*)

ただし跳躍力は高いので捕まえるのは至難の業!


ハロウェルアマガエル Hyla hallowellii

ハロウェルアマガエル3

お馴染、本土のニホンアマガエルとは異なり、沖縄や南西諸島固有種のアマガエル

色彩に変化が表れ、導入初期は写真上のように青かったのですが、徐々に元の緑色に変化していきました

アイフィンガーとハロウェル

アイフィンガーガエルのオスに間違えて抱き着かれてしまう事も・・・

他種を同居させて飼育していると度々このようなコラボが生まれてしまいます・・・


ヒメアマガエル Microhyla okinavensis

ヒメアマガエル4

こちらも沖縄や南西諸島出身。「日本最小のカエル」と呼ばれるが丸っこい体形のせいか思いのほか大きく見える(ボリューム感は間違いなくアマガエルよりある!)

小さな体でも餌は良く食べ丸々と・・・

普段はあまり動きませんが、見た目に似合わず跳躍力が高いので脱走にはくれぐれも注意したい

ヒメアマガエル5

色彩変化はありませんが色彩に個体差があり、上写真の個体は特に赤みが強くマダガスカルに生息するトマトガエルを小さくしたような感じ(笑)

なぉ、去年はそのトマトガエルもいたのですが、思った以上に飼育が上手くいかずに残念な結果に終わってしまいました(ノ_<)


ミヤコヒキガエル Bufo gargarizans miyakonis

ミヤコヒキガエル

ブログに登場するのが初の新入りさん!待望のヒキガエルである!

ヒキガエルは昔屋上で放し飼いにしていた事はあれど、まともに飼育するのは今回が初!

大きさは普通のヒキガエルと比べてそこまで大きくならず、餌食いも良いので飼育し易いオススメのカエルかも?愛嬌のある動きや仕草が可愛いです!


ヤエヤマアオガエル Rhacophorus owstoni

ヤエヤマ♀達

国産種トリを飾るのは勿論ヤエヤマ!このカエルに関しましても何度も記事で紹介しているので、解説は省略(THE 手抜き)!

左の個体は目が白内障ですが、家に来てから3年の間にこれまで7回もの繁殖を果たした古株!

ピンセットから餌を食べれるので目がほとんど見えなくてもここまでやっていけたのかもしれませんが、自然界ではここまで長生きはできないでしょう!

これからの繁殖は右の今年新しく入ったメスに託し、後は余生をゆっくり過ごして頂きたいものです



本日はここまで!次回は外国産のカエルを紹介していきます!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。