FC2ブログ

アイフィンガーガエルの繁殖記録

カエル
04 /12 2018

みなさんお久しぶりです\(^o^)/

前回のお知らせから既に1ヶ月以上も更新しておりませんでしたが、それでも閲覧者の数は増えていたようでありがたや~ありがたや~(´ω`人)


というわけで久々の記事更新となる今回は、前から順調に進めていたアイフィンガーガエルの繁殖記録です。既前の記事で産卵の報告をし、その後Twitterで度々途中経過をご報告をしていましたが、今回はそのまとめです

アイフィンガー親1


2018年1月12日 産卵

アイフィンガー2

ここは既に前の記事で紹介済みですが、産卵直後の様子

これを見た時は飼い主本当に大喜びでしたヽ(≧∀≦)ノ

アイフィンガー

産んだのはこちらの水容器(笑)

この容器についても前の記事で紹介しておりますが、水が溜まっている所なら割と何でも産んでしまうみたいですね


1月28日 孵化

アイフィンガー3

卵を産んでから約15日ほどで孵化が始まりました


さて、アイフィンガーガエルは子育てをするカエルでオタマジャクシはメスの産む無精卵だけを食べて育つという特殊な生態があります

そのため折角産卵~孵化までしてもメスが卵を産んでくれないとオタマジャクシが育ちません!

心配そうに見守り続けていると・・・

アイフィンガー4

産んでくれました!ありがたや~ありがたや~(´ω`人)

アイフィンガーのメスは大体月1回のペースで卵を産みました


こんな感じで翌月の2月からも特に餌は与えず、オタマの世話は親に任せっきりにしました

普段の管理として容器の水を週一回半分捨てて(オタマジャクシがこぼれないように慎重に!)新しい水を入れました

また、親はは容器の周りにバラバラと卵を産み付けていくので、飼育化ではピンセットで卵を容器に移すといったフォローが必要です


月1回の親の卵だけで本当に育つものなのか疑問でしたが、オタマジャクシ達は特に問題なく成長していきました。もしかしたら糞など中の有機物も食べているのかもしれません

あと、写真をご覧になればおわかりになると思いますが、オスが常に水容器の中で張り込んでいます

我が子を守っているのかどうかはわかりませんが、このオスが夜に鳴くおかげでメスが定期的に産卵に来てくれるのは確かです


3月10日 オタマジャクシ

アイフィンガー5

産卵~孵化から大体2か月程で上陸間近までの大きさになりました

卵からここまでの大きさに成長できたのは5~6匹ほど。孵化直後の写真と比べると随分数が減っていますが、その間にこの小さな水容器の中で激しい生存競争が繰り広げていたのでしょう!

オタマジャクシの最大サイズは同時期に繁殖させていたヤエヤマアオガエルのオタマジャクシとほぼ同じくらいの大きさ(3㎝くらい)です


3月24日 上陸寸前

アイフィンガー6

手足が生えて間もなく上陸寸前!


3月27日 上陸

アイフィンガー7

遂に最初の1匹が上陸しました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

同時期に上陸したヤエヤマアオガエルと比べるとこの通り大きさもほとんど同じです!

流石にここまで来たら親とは別居させ、ショウジョウバエなど小さな虫を餌に与えてやらねばなりません


こうして他のオタマ達も次々と上陸していく中、水容器内を見てみると・・・

アイフィンガー8

まだ産んでいるではありませんか((((;゚Д゚)))))))

しかもよく見ると有精卵!

アイフィンガーガエルは1回の産卵でもせいぜい10~20個くらいしか産みませんが、その分頻繁に卵を産む回数を多くして上手く子孫を残しているのでしょう

このままいくと第2弾、第3弾もありそうですね!アイフィンガーの繁殖はまだまだ終わらない!


アイフィンガー親2

以上、約3か月にわたるアイフィンガーガエルの繁殖記録でした!

現在小さな子ガエル達がショウジョウバエを食べてすくすくと生長中です

毎年恒例のヤエヤマアオガエルの子ガエルと合わせて今年は沢山の子ガエル達の面倒を見なくては!


あ、そうそう。子ガエルと言えば当ブログの顔でもあるアンナントビカエルの子ガエルも2年ぶりに家にやってきました(* ´ ▽ ` *)

小さいカエルの飼育は餌に小さな虫を沢山用意しないといけないので大変ですが頑張るぞ!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)