FC2ブログ

エダハヘラオヤモリ

未分類
02 /18 2018

冒頭でこんな愚痴を言うのも何なんですが、今年の冬は寒いです!

去年の今頃はチャコガエルをお迎えしたり、ヤエヤマアオガエルのオタマジャクシをオークションで出品していたりしていたのですが、今年は中々上手くはいきません!

せっかく発送した寒さの為オタマが死着したり、結構げんなりしております(オタマジャクシの数は去年以上に沢山あるのですが、去年は同時期でも死着ゼロだったので・・・)


さて、そんな愚痴を言いながらもこっそりとこんな新入りさんをお迎えしていましたエダハヘラオヤモリ

エダハヘラオヤモリ Uroplatus phantasticus

カエルと樹上性トカゲがメインの私ですが、まさかのヤモリです(・・・まぁ、「樹上性トカゲ」に含めても良いのでしょうけど)

ヤモリは2年くらい前まで飼育していたロボロフスキースキンクヤモリ以来久々

前から飼育してみたかったヤモリだったのですが、入荷が少なく意外にも人気が高いため入ってもすぐに持っていかれて悔しい思いをしていました

そんな中、近所のショップに偶然入荷したので「これはもう手に入れるっきゃない!」と満を持してのお迎え!ペアではなくオス単体ですが、それでもあこがれのヤモリにようやく巡り合えたので満足ですo(^▽^)o


因みに去年の丁度今頃お迎えして、年内にお亡くなりになってしまい苦い経験をしたあのチャコガエルも入荷(しかもあちこちで!Σ(・□・;))していたのですが、今回はエダハの方に完全に持っていかれましたね(地表性のカエルは去年散々な結果でしたし・・・(-_-;))


エダハヘラオヤモリ2

ガシャポンのフィギュア(写真上)と比べてみてもほぼ同じ大きさ!これで立派な大人です


さて、このエダハヘラオヤモリ、人気は高いのですが長期飼育例がほとんどないという中々飼育の難しいヤモリでも知られています。実際調べてみても中々飼育に関する情報が出てこない!

その数少ない情報でわかったことは、とにかく高温と乾燥に弱いという事

この問題に対処するために我が家では自作ケージが大活躍してくれました!

エダハヘラオヤモリ3

以前の記事で紹介した廃材加工の自作ケージで、縦横40㎝・高さ60㎝と小さなエダハヘラオヤモリにとっては無駄にデカいケージ(;^ω^)

画像がぼやけていますが、後ろにサキシマキノボリトカゲと同居させております(大きさは同じくらい)


この自作ケージのメリットは湿度管理が維持しやすい事。ケージ下に浅く水を張り、水中ヒーターで水を温めることで温度と湿度を管理しています

また、普段カエルをメインにした飼育環境にしているため、部屋の温度は15~20℃と低めに保っています。一般的な爬虫類にとっては寒すぎますが、彼らにとってはこのくらいの温度の方が丁度良いのです

夏場に関してはまだ未経験ですが、広いケージで通気性が良いと蒸れ防止になり安全ですね(*^_^*)


キノボリトカゲもそうですが、このような小さい樹上性トカゲほど高温や乾燥、蒸れなどにデリケートですのでなるべく広いケージ(それでも標準サイズの爬虫類ケージがあれば十分なんですが・・・)で飼育することをオススメします

プラケースなどでも飼育は可能なのでしょうが、乾燥を防ぐために一日何回もこまめに霧吹きをしたりしなければならないのでかえって大変かもしれません


エダハヘラオヤモリ4

以上、新入りのエダハヘラオヤモリの紹介でした!

今回掲載した写真はお迎え直後のもので、脱皮中でしたが現在は脱皮もしっかり完了し見事な枯葉に擬態しております

それはもう何を飼っているのかわからなくなるくらい(笑)



なお冒頭で愚痴っていたヤエヤマアオガエルのオタマジャクシは引き続き出品中です

死着してしまった方申し訳ございませんでしたm(__)m

今後、発送方法なども考慮し精進していきますのでよろしくお願いいたします

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)