FC2ブログ

南西諸島の生き物達~パート2~

未分類
11 /27 2017

前回の記事で新たにアイフィンガーガエル、ヒメアマガエル、ハロウェルアマガエルと南西諸島の生き物達を続々お迎えしてきてから一週間をあけたころですが、南西諸島フィーバーはなんとまだ続きます!


先日アクアリウムバスというイベントに参加し、八重山の珍しい生き物達がいたので思わずお迎え!

いわゆる生き物の即売会イベントの中でもこのアクアリウムバスはどさくさに紛れてマイナーなものが混じったりしているので面白いです(過去にもこのイベントではサガリバナとかニオイアダンとか、私のような余程の物好きしか買わないであろうマイナー植物が平然と並べられていました)

ちなみに名前に「アクアリウム」と付いていますが、実際はアクアと全く縁のない小動物や虫や植物までなんでもありのかなりフリーダムなイベント。そのフリーダムさ故か、思わぬ掘り出し物が出てくる率が高いのもうなずけます(;^ω^)


それでは今回イベントで新たに「チーム南西諸島」に加わったメンバーをご紹介致します(^-^)/


サキシマキノボリトカゲ10

サキシマキノボリトカゲ

前回ショップで入荷はあったものの、メスがいなかったので見送っていたキノボリトカゲ

イベントで格安で売られていたので思わずお迎え!しかも2匹(これで現在計4匹のキノボリトカゲが家にいます)

性別はまだわかりませんが、もしメスだったら繁殖のリベンジにも期待したい所(前回は孵化までいったものの幼体が余りにも小さく飼育がうまくいきませんでした)


サキシマヌマガエル

サキシマヌマガエル Fejervarya sakishimensis

八重山諸島と宮古諸島に分布する日本固有種のカエル

本土のヌマガエルと比べると体が大きく、よく跳ねる(捕まえるのが大変!)。名前に「沼」とあるが、本種は水場から離れた場所にも生息している(地表性カエルのような飼い方で飼育できるのだ)


実はこのサキシマヌマガエル、飼育は今回が初めてではなく、以前にも入荷する度に何度か飼育した事がある。こんな地味なカエルが何で度々入荷するのかというと、入荷する他の八重山の生き物(一般では主に昆虫やクモ、ムカデなどの蟲に人気があるようで、これらを目当てに原産地で採取していると思われる)に混じって入ってきてしまうからだ

当然売れるわけでもなく隅っこでジッとうずくまっているこのカエルを見ていると、どこか切なく感じてしまいついつい救出したくなってしまう( ;∀;)


でもこのカエル、地味ながら天然記念物に指定されているナミエガエルやオットンガエルに似たどっしりした風格があり、よく見たら中々魅力的なカエルだと私は思う



さて、今回南西諸島の生き物で追加したのはこの2種だけですが、ここで朗報があります

ヤエヤマアオガエルがまた産卵したのです((((;゚Д゚)))))))

ヤエヤマ産卵3

当ブログで何度もお伝えしている通り、2年連続・2シーズン毎回産卵する凄い奴ら!!

最早我が家の恒例行事化しつつあるヤエヤマの産卵。いつもなら年明け頃に行われるのですが、今回は気温の変化が大きかったせいもあるのでしょうか例年よりも早かったです


ヤエヤマ産卵4

しばらくすると別なオスが途中参加してきました!

ヤエヤマアオガエルはカエルでは珍しく一夫一妻を取るので毎回同じペアが産卵します

しかしオスも必死なので、このように便乗してくることもあるのでしょう・・・


それにしても恒例化してきたとはいえ、ここまで産卵するカエルというのもなかなかいないのではないであろうか?

これは仮説ですが、ヤエヤマアオガエルを含むアオガエルの仲間は卵を泡で包んで守るので生存率が高く、他のカエルと比べて1回で産む卵の数が少ないのですが、産む卵の数が少ない分、産卵回数を多くしているのかもしれません


ヤエヤマ卵5

外から見ても卵が薄っすら見えるくらいなので、今回は中々多そうです

卵は周りを包んでいる泡ごと水を張った別な容器に移します

これだけヤエヤマが増えるのならいっその事イベントに出店できないかなぁ?・・・いや、ヤエヤマだけじゃ無理ですよね(;^_^A


でもヤエヤマがうまくいっているのなら、そろそろ他のカエルの繁殖もうまくいってほしいところ

次に繁殖を狙いたいのはアイフィンガーカエル・・・

アイフィンガーとヤエヤマ

間違えてヤエヤマ(今年の1月に孵化して育ったヤングサイズ)に抱き着いてしまっていますが、鳴き声もあげており、写真には写っていませんがメスもかなり状態がいいので期待大!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)