水槽台活用術

未分類
11 /07 2017

今回は市販の水槽台を使い、水槽周りを上手く活用する方法をご紹介致します(^-^)/


まずはbeforeから!

水槽台

いわゆる通常の60㎝水槽台の上に60㎝ガラス水槽が乗っただけの実に殺風景な光景(;^ω^)

このぽっかり空いた下の空間を活用しないと!


さて、この水槽台、上下で2段60㎝水槽が置けますが、たとえ60㎝水槽とはいえど高さや奥行が異なれば置くことができません(この台の規格は横60㎝、縦30㎝、高さ38㎝)。しかし、ちょっと手を加えることで奥行の異なる水槽を設置することができます

今回はカメ用に横60㎝水槽、縦45㎝、高さ30㎝の水槽を設置します


順を追って説明していきますね

水槽台2

水槽台の手前に、水槽台下段と高さが同じになるように板を敷きます


水槽台3

裏はこんな感じです。材料は余った板やらは材やら、ホームセンターなどで簡単に入手できるものばかり。これをボンドなり両面テープなりで貼り付け台を作ります

でも今回使ったこの台、見ればおわかりのように微妙に横幅が足りないんですよね

初めからちょうどいい幅の板があればよかったのですが・・・


そんな時は・・・

水槽台4

このように両端にさらに2枚板を乗せればOK👌

板を上乗せすれば耐久力も増します。金具で奥の壁に固定すれば、地震対策にもなりますね


水槽台5

はい、これで奥行45㎝の水槽を置くことができました\(^o^)/


ということで、afterです!

水槽台6

カメ水槽のレイアウトの解説は省略します。というのも、カメ水槽は必要最低限の設備(ライト、ヒーター、フィルター、陸地)を入れてあとはシンプルにが鉄則です!どんなに綺麗にレイアウトを施しても、もれなくカメは怪獣の如く全てを破壊してしまうでしょう!(苦笑)


とはいえ、これではやっぱりまだ殺風景ですね。手前のコードも丸見えですし・・・

そんな時は・・・

水槽台7

思い切ってカメ水槽の前にさらに別な台を置いてしまいます!

ニトリで丁度いい高さの台を見つけたのでこちらの台を置きました

台の下には隙間があるので、ここにコードを収めてしまいましょう!


水槽台8

台の上は寒さに弱い観葉植物達を置くのにピッタリ!

何故かというとカメ水槽は絶えず水中ヒーターで水が暖められ、水蒸気が発生することから、強力な加湿器の役割を果たすからです

右からウツボカズラ、リュウビンタイ、パイナップル、マンゴー(吊るしてあるのはチランジア)と熱帯の植物達が並び、殺風景だった水槽周りに一気にインテリア感が出ました!

もちろん植物だけでなく、小物類をおしゃれに飾っても良し!


でもこれじゃせっかくのカメが見えないのでは?

水槽台9

ご安心を!丁度下の段からバッチリ見えます(^-^)/

(写っているのはホオジロクロガメの「ココア」です)

1つ注意点として、カメ水槽は定期的に水替えのメンテナンスが必要不可欠ですので、手前に置いたこの台にはあまり重いものは乗せずに動かせるようにしておくこと!



おしゃれな水槽台は高価で買えない+デカくて置けるスペースがない!という方。安い殺風景な水槽台でもアレンジ次第で見栄えもそれなりにカッコよくできますし、何よりスペースの有効活用にもなりますので上手く工夫してみてはいかがでしょうか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)