ビバリウム作成~レイアウト編~

ビバリウム作成
06 /29 2016

ビバリウム作成過程の続きです。

前回は器具などの準備からはじめましたが、今回はレイアウトを中心に紹介します。


まずレイアウトにはコルクを使います。普通レイアウトに使うのは流木が一般的ですが、流木は多湿だとカビが生えやすい!テラリウムにはコルクの方が、軽くて腐りにくくおすすめです。正しコルクは水には沈まないので、水中に沈む部分は石や流木を使うなどど使い分けをしましょう!

レイアウト植物

コルクを使ったレイアウト例

このコルクは中が空洞になっているので、中に水ゴケを詰めて植物を植えることができます。

(ちなみにこの植物は食虫植物で有名なウツボカズラ!)


レイアウトコルク

活着する植物はそのままコルクに糸で巻き付ければレイアウトに使える。着生植物は植えこむ必要がなく、壁面を立体的にレイアウトできるので積極的に活用したい。

(ちなみにこの植物はアリ植物の一種アリノスシダ!)


レイアウトソイル

このように植物を活着させたコルクをテラリウム用ソイル(「造形君」や「モデリングソイル」といった商品)で壁面に貼り付けます。コルクは隙間が多いので上手くソイルを使って隙間を埋めます。隙間に植物を植えこんでもOK!


フィカスプミラミニマ

このように壁面にぴったりとくっ付けて、隙間にフィカス・プミラ・ミニマを植えました。

これは植え付け直後の状態ですが、今はフィカスで壁面が覆われるほど成長しています。


レイアウト1

これが私の初期のビバリウムレイアウトです。現在は大分レイアウトを変更してしまっていますが、基本構造はこのころから変わっていません。水場のスペースも作ってあります。


レイアウト2

次回はレイアウトに使った植物についてもっと紹介していこうと思います。

この写真に写っている植物、アリ植物の一種なんですが、今は枯れてなくなってしまいました。

植物にもビバリウムに向き不向きがあるので、私の失敗経験も踏まえて解説したいですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)