スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです!

カエル
10 /03 2017

ボルネオの海外旅行レポ記事を終えてから2週間くらい更新しておりませんでしたが、そろそろ本家のペット記事の方に戻っていこうと思います!


今回はとりあえず、海外旅行及びレポ記事を載せていた間に新しく入れたカエル達と、既に前からいたものの記事でまだ紹介していなかったカエルを紹介致します


ファンタジーツノガエル

(アマゾンツノガエル Ceratophrys cornuta とクランウェルツノガエル Ceratophrys  cranwelli との交雑種)

ファンタジーツノガエル

遂にあのツノガエルが我が家にもやってきました\(^o^)/

(正確には既に家にいる「チャコガエル」もツノガエルの仲間ですが、こちらは「ツノ」がないので(;^ω^))

まだ500円玉サイズの可愛らしいベビーサイズですが、成長すると10㎝を超えるカエルとしては中々の大物に成長します。すぐにチャコガエルは超えそう・・・

餌にもすぐに食い付くし、スペースも取らないので手はかかりません!

飼い易いのでついつい沢山集めて飼ってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも私はやっぱりツリーフロッグが一番好きなので、ツノガエルは少数で抑えた方がいいかな~

あまり泥沼にハマると後々大変だからね(;^_^A


b192.jpg

・・・まぁ、これまでこんな帽子を被っていた訳ですから「いい加減ツノガエルを飼わないとな!」という使命感はあったのですが(笑)



モザンビークオオクサガエル(右)

Leptopelis mossambicus

モザンビークオオクサガエル

既に前からいるウルグルオオクサガエル(左)と同じくアフリカ原産のクサガエルの仲間

一応ツリーフロッグの仲間みたいなのですが、とにかく地中に潜っているのが大好き!

この写真撮影後、すぐに床材に潜り込みその後中々姿を現しません!

同じオオクサガエルでもウルグルオオクサガエルの方はたまに床材に潜ったりもしますが、基本は表に出ていることの方が多いし、ガラス面にペタッと貼りついたりとツリーフロッグらしさはあります


でもモザンビークオオクサガエルはほとんど出て来やしない・・・

ほとんど地中性のカエルじゃないか!!((((;゚Д゚)))))))

ここまで出てこないと正直生きているのかどうかさえ不安になる(私がフクラガエルを飼いたいと思わないのはこのためである)


ヒスイトビガエル

Rhacophorus prominanus 

ヒスイトビガエル

最近というか地味に前から入れていたものの紹介してなかったカエル

「トビガエル」と言えば以前、「レインワードトビガエル」と「アンナントビガエル」を紹介致しましたが、このカエルもその2種と同じトビガエルの仲間になります

前2種と比べると体は小さく、体形も細いです。そのため少々デリケートな面があり、飼育は難しいとされていますが、今のところ特に問題なく飼育できております

透き通るような色や模様が綺麗で、魅力的なカエルなので、もっと人気が出てもよい種類だと思う

ちなみに「トビガエル」の名の通り滑空するタイプのカエルですが、レインワードなどと比べるとあまり滑空は上手くないのだそうです


このヒスイトビガエル、メスも含めて複数で飼育中!繁殖も狙っています!

同じく繁殖を狙っているアカメアマガエルや他の種類のカエルも混ぜて飼育しています

そんな風に複数飼育をしていると・・・

ヒスイとヤエヤマ

時にはこんなコラボも・・・(乗っかられているのは家ではお馴染みのヤエヤマアオガエルのメス)

それにしても家のヤエヤマアオガエルさんモテ過ぎじゃないですか?

これまで彼女に抱き着いてきたカエルの数と種類は多く、これだけで一つの記事が出来てしまうのではないんじゃないかと・・・そのうちやろうかな?



・・・というわけでやや駆け足気味になりましたが(久々にブログ再開したのでまだ本調子じゃなくてすみませんm(__)m)、徐々に本記事の方に切り替えて更新していきますので今後ともよろしくお願いします(^-^)/



あと、しばらく休業していたオークションの出品も予定しております

シュウカイドウとサガリバナ

イベントの展示でも使用したこんな珍しい植物や(欲しい人いんのかコレ?)

コルクとヘゴと流木

こんな立派なレイアウトグッズなんかも出すかも?しれません

カエルは・・・今のところ繁殖で増えていないので出品はないかなー(ノ_<)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。