ボルネオジャングル探検記~5日目~

海外旅行
09 /05 2017

海外旅行レポ5日目突入!

この日は丁度「山の日」でしたので、「ちゃんと山の日に山登ったぞ!」とくだらない理由で勝手に喜んでましたヽ(≧∀≦)ノ

・・・という訳で今回もレポを描いてゆきます



前回、トラスマディー山登頂を終え山小屋で一泊。翌朝、後は山を下るだけ・・・

b94.jpg

・・・とはいえ山小屋を出てすぐ待っているのは、あの恐怖の木道です!

しかも下りだから余計に滑りやすい!!

ただひらすら滑らないように気を付けながら下ります(-_-;)

b95.jpg

そんな下りの中、謎の昆虫を発見!

青い綺麗な翅で、頭には角の様なものがにょきっと生えた美しくもヘンテコな虫です

この虫は山小屋宿泊中でも夜の灯りにやってきました。その時は暗くて特徴的な翅模様だけしか見えなかったのですが、下山中にめでたく再開をはたしその全体像を拝めることができてよかったです

b96.jpg 最後まで素晴らしい体験をさせてくれたトラスマディー山ともこれでお別れ(^∇^)ノ

疲れたけど楽しかったなぁ~・・・この山はホントいい所だったよ!!



でも、冒険はまだまだ続きます!

次へ向かう目的地は何と、あの世界最大の花が咲いている自生地です!!


その前に昼食をとります

b104.jpg

山で2伯したせいかこういったレストランが久しぶりな気がする

食べ物の種類もナシゴレンやトムヤムミーなど現地の料理が豊富!

b105.jpg

麺類やらビールやらで一息つき、登山の疲れを癒す


さぁ、昼食を済ませたら再び探検だ!!

ジャングルを奥進むこと、遂にあの花が姿を現します!!

b97.jpg

出たぁぁぁぁ!!((((;゚Д゚)))))))

b98.jpg

これが世界最大の花、ラフレシアです!

説明せずとも有名な植物ですね!ボルネオに来たからにはこの花を見るっきゃない!!


いやぁ~ここまで来るのに苦労したなぁ~ひたすらジャングルを歩き探し回って・・・

b99.jpg

・・・ってアレ?手前に何か柵あるんですけど・・・

はい、ジャングルの中を探し回ったというのは嘘です!

このラフレシア、普通に民家の庭で咲いていました民家で咲いているんかい!!

しかも見るのに入場料とられます。どこぞの桜の花見かよ!!


なんとも拍子抜けな結末でしたが、そもそもこのラフレシア、開花時期が極めて短く上手く花が咲いているタイミングで見に行かないといけない大変貴重な花!ジャングルの奥地を探し回っても、その花を拝める確率は殆ど無い幻の花をこうやって見れるのですから民家の方には感謝しなくては!そりゃ、入場料払うわ!!(民家の人にとっては貴重な収入源なのです)


ただ一つ悔いが残るのは、柵で近くまで行けなかったので、あの伝説の臭いが嗅げなかったのが残念でならない。しかし、余程近くまでいかないと臭わないのを見ると世間で騒がれるほどヤバくはないのかも?


なぉ、こういったラフレシアを所有する民家は複数あり、各家によって開花する時期が異なるんだとか

そのためラフレシアを見たい観光客は現地の民家を点々と回って上手く咲いている場所を探すのである

ある意味、これも冒険だろう・・・



さて、気を取り直してお次は食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)の自生地でも見に行きますかな!

b100.jpg

・・・ってえぇっ!?

ここ思いっきり道路脇にある草むらじゃん!!

先ほどラフレシアを見た民家からちょっと車で行ってすぐの道路脇である

こんな所にネペンテスが生えてるわけ・・・


b101.jpg

・・・って普通に生えてるよぉぉぉぉ!!((((;゚Д゚)))))))

b102.jpg

Nepenthes gracilis

小型のネペンテスで、日本ではホームセンターにも売られているくらいボピュラーな種類

とはいえ、これが道路脇に雑草の様に生えているのだからボルネオおそるべし!

b103.jpg

Nepenthes mirabilis

こんな道路脇にネペンテスが1種類だけでなく、2種類も生えているのです!


しかし、ここはネペンテスの宝庫ボルネオ!こんなのは序の口です!

次は食虫植物の王様と呼ばれるネペンテスに会いに行きます!


向かった先はトラスマディー山からも見えたお隣のキナバル山

トラスマディー山同様、険しい山道を行き、ひたすらジャングルを歩き探し回って・・・

b106.jpg

出たぁぁぁぁ!!((((;゚Д゚)))))))

b107.jpg

これが食虫植物の王様、Nepenthes rajah(ラジャ)です!

超大型のウツボカズラで、ネズミやカエルまで捕食してしまう事で有名ですね!ボルネオに来たからにはこれを見るっきゃない!!


・・・ってアレ?思ったよりデカくないんですけど・・・

はい、ジャングルの中を探し回ったというのはまたしても嘘です!

このラジャ、キナバル山ふもとの植物園で見ました植物園で見るんかい!!

しかも見るのに入場料とられます。当たり前だ!!


・・・とこれには悲しい事情がありまして、かつてキナバル山にあったラジャの自生地は既に壊滅してもう残っていないんだとか。理由はやはり観光地化の開発による環境破壊、そしてその珍しさ故に乱獲されてしまったからでしょう!

人があまり立ち寄らない秘境のトラスマディー山とは異なり、観光客だらけのキナバル山はラジャにとって住みにくい世界になってしまったようです。今ではこのように植物園で栽培されているものしか見れないというのは何とも寂しいですね。そして更に残念なことに栽培されたものは自生地の様に大きくはなりません!

これが、王の悲しい実態なのです・・・



b108.jpg

・・・と何はともあれ、キナバル山ふもと、久しぶりのホテルにて本日は就寝!

前回のトラスマディー山の後で若干迫力不足となりつつあるこのレポ、もはや「探検記」と呼んで果たして良いのだろうか・・・(;^ω^)

しかし、世界最大の花ラフレシア食虫植物の王様ラジャという草ポケモン・・・ではなく怪奇植物界の2大スターに出会えたのですから大満足です!

どちらの出会いも拍子抜けな結末でしたが、現地に行かないと見れない貴重な植物であることには変わりないのですから(;^_^A

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)