ビバリウムケージを作る~Lサイズ~

自作ケージ
07 /11 2017

前記事で予告しましたが、今回は久々の自作ケージ記事です

邪魔な廃材をリサイクルして何か作ろう!」という事で、廃材の薬液タンク(ビルとか工場の屋上にある空調用の物)で爬虫類ケージを作ります


去年あたりから家の中で廃材として眠っていた巨大タンクがようやく動きだす!!

ケージ31

縦・横それぞれ50㎝!高さ90㎝!!

前に作ったのが縦横40㎝高さ60㎝だったので、今回のはかなりデカい!!

でも高さが高くなっただけで、縦横サイズはそこまで上がってないので意外と大容量な割にスペースを取らないのは◎


ケージ32

まずは上部分をドリル(左)とサンダー(右)で加工・カットします

カットしたら中を綺麗に洗います。元が薬液タンクだけに洗浄はしっかりと念入りに行います


ケージ33

中はこんな感じ。中に物を引っかけたりできるようにするため、サイド部分に穴を何か所かあけました


ケージ34

次にケージで中を見るために最も重要な、前面部分のカットです

鉛筆でカットしたい部分に印をつけておきます


ケージ35

ドリルで角部分四か所を空けます


ケージ36

穴に沿ってサンダーでカットします


ケージ37

他のカット部分も同じように加工します

切りたい部分をカットして土台は完成です!


ケージ38

左側面です。元々タンクにあった排水部分や液面計がそのまま付いています

左下にはコードなどを通せる穴を空けました


ケージ39

右側面です


ケージ40

背面です。ここは全く加工してません


ケージ41

土台が完成しましたら、アクリル板の登場です!

今回は通販でオーダーカットで注文・購入しました。流石にアクリルの廃材はないし、加工も非常に大変なのでこうしてオーダーカットができるのはありがたいですねo(^▽^)o

アクリル専門店だとホームセンターよりも値段が安く、希望通りのサイズでカットしてくれるのでオススメです。カット加工で余ったは材も使うのでもらっておきます


ケージ42

扉用の金具を取り付けたり、下部分のアクリルは接着剤で貼り付けたり、通気を良くするためにアクリル板の一部を穴あけ加工してパンチボードにしたり・・・

この辺の過程は過去の記事で紹介致しましたので、気になる方はそちらを見てください!!

すみません!ちょっと投げやりかもしれませんが、記事でいちいち工程書くと面倒なもので・・・・(-_-;)


ケージ43

ケージ内部壁には炭化コルクボードを接着剤で貼り付けます。

これを付ければ中の爬虫類が登ったりできますし、植物を活着させてレイアウトにもなります

炭化コルクは園芸用品でたまに扱っている所がありますので、欲しい方はまとめて注文しておくとよいでしょう。店舗で置いている所はほとんどないです!


ケージ44

園芸用の鉢底ネット木材のは材で作ったフタです。どちらもホームセンターで簡単に手に入ります

鉢底ネットははさみで簡単にカットができますし、安い、意外と丈夫と便利なアイテムです。金網よりも使いやすいと思います。余程パワーのある大型のトカゲでもない限り破られることはないでしょう!


ケージ45

フタと同じ材料で側面部分にも網にしました。周りを木枠で固定して隙間をなくします


ケージ46

内側から見たネット。通気性は抜群!


ケージ47

あとはタンクにもともと付属されていた排水部分のコックを付けたら完成です!

基本以前作った物のデカい版なので、出来としては予想通りかな?


ただこれだけデカいケージで一体何を飼えばいいんだ!?

我が家にこんなデカいケージが必要な生き物いないんですけど!!


ケージ48

まぁ、いつ何を飼うかわかりませんので、備えあれば患いなしってことで

とりあえずヘゴ板に活着させて屋外に吊るしていた植物を入れてみました(手前がアリ植物のアリノトリデ、奥は蘭)。外は炎天下で干からびかかっていたので丁度良かったのかもしれませんね!

冬は温室代わりにも活躍できそう!



以上自作ケージ作成の紹介でした。まだ中のレイアウトは未開拓ですので次回の記事でまた改めて紹介致します。本当は樹上性カエル・トカゲの飼育のコツを伝えるつもりだったのですが、今回は全く伝えることができませんでした。すみませんm(__)m次回こそは・・・




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)