FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 けものフレンズ東武動物園レポをかけっていうから何となくかいてみた割とどうでもいいブログ記事

動物園・水族館
04 /23 2017

昨日動物園から帰宅後記事を進めてまいりましたが、普段の記事と違ってあまりに膨大な写真と内容により前半で一旦ダウン!!翌日復活してやる気が出たので続きやります(^-^)/


け25

まず初めにふと見つけたこの写真の2匹の動物(右フェネック、左アライグマ)のキャラクターパネル

ここからちょっと真面目な話をするのだ!

これは普段やってるペット記事にも関連するから併せて述べるのだ!


さて、私は爬虫類が好きなので爬虫類関係のイベントにはよく足を運んで行くものなんだけど、最近は「エキゾチックアニマル」というカテゴリで爬虫類以外の動物も頻繁に見かけるようになり、いわば期間限定の動物園になってしまっている。フェネックはこういったイベントではよく見かける動物の1つで、私にとってはフェネックも前回記事でチラッと述べたフクロウも「わざわざ動物園に行かんでも見れる」感覚に既になってしまっている(ちなみに東武動物公園にはフェネックはおらずキャラクターのパネルのみ設置されている)くらいだ

様々な理由で影響はあると思うが、フクロウとかフェネックはこういったイベントでも大人気だ。しかも全て販売されている!今後こういったイベントがどんどん人気が出てくると思うし中には飼いたくなる人も増えると思う。

でも本当に飼うからにはちゃんと最後まで飼う責任を持ってから飼って欲しいのだ!

犬や猫と違って人に慣れるもんじゃないし簡単には飼えないからそれなりの覚悟が必要になる。かつてアライグマはペット放棄で捨てられたのが野生化して深刻化している。同じ悲劇は繰り返してはならない。


け26

 


動物園のレポ記事なのにいきなり固い話失礼致しました。でも1人のペット飼育者としてこのことだけはかかせていただきました。間違ってこの記事にたどり着いた方ごめんなさい。

だからここからは肩の力を抜いてゆるーい感じで見てくださいな!!

タイトルよろしく間にくだらないけ小ネタも挟んでいきます(*^_^*)


はいよ~それじゃあ、前回のパネル紹介の続きからいくよ~


け24

オオフラミンゴ(ちなみに「コフラミンゴ」というのもいる)

フラミンゴってこうやって遠くから見てた綺麗だけど、近くで顔を見るのはNG!

なぜなら・・・ものすごく顔が怖いから!!ピンク色がより生々しさを出している

「怖い顔の鳥」とか言われているハシビロコウなんかよりもフラミンゴの真顔の方が数倍怖いよ!



ここから少し歩いてサバンナゾーンにいくよ!

け27


け28

サバンナシマシマオオナメクジ

陸生の巻貝の一種で殻がない。「ナメクジ」の名があるが、分類上別の系統に属しどちらかといえばウミウシに近縁である。外見的にもかなり異なり、腹背方向にかなり扁平で、また後ろから見ると楕円形で後ろが細くならない。また粘り気も出さない。草食性。原産地はアフリカ。

・・・と真面目に解説文を書きましたが全て嘘です!シマウマです!


け29

アミメキリン

元々「キリン」という和名は、昔動物園で初めてこの動物(ジラフ)を展示しようとした際に客寄せの為に幻獣の「麒麟」の名前で売り出したのが始まり。故にかなり無理やりなこじ付けなのでキリンと麒麟は似ても似つかない動物になる。そんな「キリン」の名も今や幻獣「麒麟」の名よりも知名度を上げ親しまれ、各動物園の看板として君臨し続けている・・・


け30

け31

シロサイ

自慢ではないが、私はサイの鳴きまねができる!

コツとしては鼻をつまみながら赤ちゃんのように「オギャー」と叫ぶ。この世のものとは思えない奇妙な声に皆驚く事間違いないだろうが、信じてもらえるかは微妙だ

ちなみに私は象の鳴きまねもできるが、もうやらない。以前友人と乗った車の中で披露したら運転手が爆笑して危うく事故になりそうになった危険な技だからだ



こうしてサバンナゾーンを見終えたらまた来た道を戻り、元の動物園ルートに

け33

マレーバク

これは写真事後の出来事になるが、真ん中で寝ていたバクが起きたと思えば前のパネルの耳をかじろうとしていた。その一部始終が撮れなかったのが残念!!(気になる方はどっかネットで流れてるだろうから探してみてください!)


け35

コツメカワウソ

人気のカワウソだがここでは少々こじんまりとした檻の中にひっそりといる

け34

このように普段は殺風景な檻だったのだが、今日はそうはいかなかった!!

午後1時頃、アニメ「けものフレンズ」内で動物の解説をした飼育係(おにいさん、おねえさん)による特別動物ガイドが行われると物凄い人達が小さなカワウソ檻の前に集まり出したのだ

前記事で乗ったバスの運転手も「何であそこに人だかりができているんだ?長いこと園内でバスの運転手やっててもこんなの今まで見たことないぞ!」と驚いておりました。そりゃそうだ!!



さて、次に登場するこの動物・・・解りますか?

け37

タヌキです!!ではみなさんタヌキの絵を描いてみましょう!!

・・・えーと目の周りが黒くて、ちょっと太り気味で丸くて、シマシマの尻尾で・・・おぉっとちょっと待った!タヌキがシマシマの尻尾だと!?何勘違いしてんだ!!


タヌキってのはなぁ・・・これだ!!

け36

みんなが間違えているのはコイツだ!!

け38

さっきもいたアライグマ(こっちはちゃんと本物もいる)

な、全然違うだろ?これでタヌキとアライグマの違いをしっかり覚えるんだぞ!


・・・というわけでパネルを通じてこんな教養を深めてみるのはいかがでしょうか?

残念ながら日本を代表する先輩キャラクター達は間違ったタヌキの姿を世間に広めてしまいました。

例えば「スーパーマ○オ」とか「ド○えもん」とか(特に後者は自分がタヌキに似ているとされているが、実際タヌキ要素は全くない)

我が国の人間は今も昔もタヌキに化かされているのかもしれない・・・めでたしめでたし



け39

アフリカタテガミヤマアラシ

必死にパネルを探すも見つからず、よくリストをみたらもともといなかった

アニメに出てきてそこそこ出番あったのに・・・あまりに不遇すぎるぞヤマアラシ・・・


け40

フタコブラクダ

パッと見ラクダにはとても見えないこのキャラクター

でも実はこれ、キャラクター頭の部分がコブを表現しているというナイスアイディア!!

私も正直このコブがなかったらヤギか何かと間違えていただろうな・・・


け41

カピバラ

おそらくこれも見つけられなかった人がいたであろう

最初カピバラが園内のどこにいるのか全くわからなかった

で、カピバラが果たしてどこにいたのかというと・・・

け42

リスザル(カピバラの上に乗っているヤツ)のいる園内にしれっと混じってカピバラがいる!!

カピバラは言わずとも人気動物だが、ここではリスザル園の中にいて、「ここにカピバラがいるよ!」とかいう表示もなく見落としやすいかもしれないので要注意!

け43

なぜか安心する



け44

グリーンイグアナ

近くにタモリさんのパネルがないか探してみましたがありませんでした・・・


け45

水槽が濁っていて写真がうまく撮れなかったワニガメ。撮れたのは解説だけ

「ガメラさん」がジワリとくる(笑)


け46

ワニ(メガネカイマン)が近くまで来ていたので思わず写真を!!

たとえパネルと関係なくとも爬虫類は好きだから撮る!!



け47

フンボルトペンギン

ペンギンはどっちかといえば動物園より水族館の方が人気。そりゃあっちはペンギンの展示設備に金を掛け捲っておりますからねぇ~(そんな水族館も好きよ♡)

動物園・水族館で最もよく見かけるペンギンはフンボルトペンギンケープペンギンマゼランペンギンの三種でそれぞれの見分け方は胸の帯の数、目の周りの白いところ、ピンクの皮膚の露出度で見分けるのですが・・・よ~く見ないと解りません!!

わかる人は相当なペンギン通ですな・・・


け48

アメリカビーバー

パネルは遠いわ、肝心のビーバーは巣穴から出てこないと本来は全くといってもいいほど人は訪れないエリア

このように普段は殺風景だったのだが、今日はそうはいかなかった!!

午後5時頃、アニメ「けものフレンズ」内で動物の解説をした飼育係(おにいさん、おねえさん)による特別動物ガイドが行われると物凄い人達がビーバーの前に集まり出したのだ

前記事で乗ったバスの運転手も「長いこと園内でバスの運転手やっててもビーバーの所に人が来るの見たことないぞ!」と驚いておりました。そりゃそうでしょうな!!



け49

レッサーパンダ

本物のほうは木の上に隠れてしまっていたので写真撮れず!

コイツもアライグマやタヌキとよく混同され間違われる(戦犯「ラ○スカル」)のでこの機会に違いを覚えてみてはいかがだろう?

どうせなら他にアナグマ、ハクビシンのパネルも出してくれればタヌキに間違われる動物オールスターズが揃ったのだが・・・



そして次がいよいよ最後の一体となります

最後は西のバス乗り場近くにポツンとありました

け50

ショウジョウトキ

残念ながら本物のいるこの施設内には入ることができませんでした

園内での鳥インフルエンザ発生に対し、園内で飼育している鳥類の健康を守るためしばらくの間バードドームは閉鎖いたします」。゚(゚´Д`゚)゚。


これで園内全26体のパネル・動物はコンプリートです!!

「あれ?ちょっと待って!あともう1匹忘れてない?」



最後に行った感想・総評です

既にツイッターなんかでは東武動物公園の情報が流れております。しかし、出てくる画像は並んでいる状況とか人が群がっている画像ばかりであり、書かれている内容も「すごーい」だの「キモい」だのどこにでもあるようなコメントばかりなのは残念なことです。

たしかに限定缶バッチ購入者の列とか特別動物ガイドの時の人混みとかは凄かったのですが、これはほんの一時期に過ぎなかった出来事であり、それ以外は特に普段と同じで園内をゆっくり回って楽しむことができました。それに行列や人混みを大げさにアピールしていますが、某テーマパークではこれの比にならないくらいの人混みがあちこちで発生しますからね・・・


いかがでしたか?

前半、後半と2回に分けましたが、それでも普段の記事以上に長い記事となりました。この記事を読んで少しでも面白かった、共感した、とか思って頂けたら幸いです。ここまで読んでくれた方ありがとうございました!!

け

最後(本当にこれが最後)にこれから東武動物公園に行く方々に一言

園内周るならフリーパスをとるといいよ!移動が楽なバスにも乗れるし、

あと観覧車もね!!

















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。