FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ですよ!~カメの場合~

未分類
04 /13 2017

ようやく暖かくなってきたので、これを使う時がやってきました!

薬液タンク

廃材の薬液タンクです。上部分をカットして中をきれいに洗って薬液を落としました

デカいです!どれくらい大きいのかというと、横幅1m!縦50㎝!深さ30㎝!!深さはそうでもないですが、トロ船やキングタライを上回るサイズです

さらに屋外用に作られた頑丈な樹脂製で、そこまで重くないのもうれしい所。排水設備も付いているのもありがたい。廃材とはいえなかなか使えそうなアイテムです


今回はこれをカメの屋外飼育に活用します!

image1.jpg

屋上の一角にこのようにタンクを2台並べて、同じく廃材で入手した板を使い、日光浴で登れる場所や日陰になる場所を作ってみました。あとは水を入れるだけ!


image2.jpg

早速冬眠から覚めた通年屋外飼育組から導入。新しい場所にもすぐに馴染んで2匹とも日光浴を始めました。彼らはもともと屋外で開放的に飼育していたので警戒心がなく図太いです

我が家ではこのようにオープンな環境で飼育していますが、カメを屋外で飼育している方は慣れるまではフタをして管理した方がいいと思います。カラスなどの天敵もいるし・・・(小さい子は特にきを付けて!!)


ミシシッピアカミミガメ(名前無し♂)

アカミミガメ2

もともとは川に捨てられて、保護施設にいたのを引き取ったもの

既に5年くらいの付き合いで、人を全く恐れず、屋上を我が物顔で徘徊する


クサガメ(名前「黒曜丸」♂)

クサガメ2

黒化したクサガメ。全身本当に真っ黒!

普通クサガメはアカミミガメよりも小さく、一緒にするといじめられてしまう事が多いが、コイツは相当図太い性格で、大きなアカミミガメを♀だと思って交尾を仕掛けようとするほどのやり手!!



それにしてもこれだけの設備でカメ2匹ってちょっと贅沢すぎる気がしますね。半分は屋内飼育組のために用意しているのですよ!


トラバンコアヤマガメ(名前「にこ」性別不明)

トラバンコアヤマガメ

余程の亀好きの方でないと知らない超マニアックなカメ。「クロヤマガメ」の亜種の一つ

去年は春から秋にかけて屋外で飼育していたが、気温差でたまに水温が低くなったりしても平気だった。このカメ、飼育に関する情報があまりにも少ないのだが、かなり丈夫なカメであることは確か

もう少し暖かくなってきたら今年も屋外飼育に移行予定です


ホオジロクロガメ(「ここあ」♀、「こたろう」♂)

ホオジロクロガメ5

種類によってはあまり屋外飼育に向かないカメもいる。このホオジロクロガメはとにかく温度にデリケート。慣れてきたと思ってちょっと油断して低温にしてしまうと調子を崩して、いきなりコロッと逝ってしまうことも(;д;)・・・去年それが原因で死なせてしまった経験があるので慎重にいきたい所。暑さに関しては強いので夏場限定なら屋外でも飼えそうな?意外と甲羅干しも好むのでできればもっと屋外で太陽の光を浴びさせて健康に育って欲しいのだが・・・

なかなか気難しいカメですが、顔の白黒模様が愛らしく、性格も温和で他のカメよりも餌をねだって寄ってきやすい可愛いヤツらです!


というわけで久々のカメ記事でした(^-^)/



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。