FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重山リウム作れるか~動物編~

ビバリウム作成
04 /04 2017

前回告知した通り、八重山(主に石垣島・西表島)の生き物だけを集めてビバリウムを作る企画です

去年レイアウトコンテストで披露したのですが、準備不足もありなかなか思い通りにいかず悔しい思いをしました(ノ_<)

今年ももし参加できたらお披露目したいなぁ~・・・まぁできてもできなくても作るけどね


今回はその第一弾、動物編です

動物候補と致しましてはレイアウトしたケージ(60㎝水槽)で飼えるサイズであること、レイアウトを破壊しない、同居している生き物を食べないなどの条件で選びました


その① ヤエヤマアオガエル

ヤエヤマ4

このブログで幾度となく紹介してきたため、もう語る事はありません!

でも一応・・・石垣島・西表島のみに生息する固有種。他のアオガエル(オキナワ・アマミ)とは近縁ではなく、台湾のアオガエルに近い。カエルでは珍しい一夫一妻である。鳴き声が言葉で表現できないが独特・・・・まぁこんなもんでしょう!!


と、サラッと解説しましたがその特徴の中の一つ「一夫一妻」を疑う一枚の写真が撮れました

ヤエヤマ産卵2

普通に三匹乗ってるし((((;゚Д゚)))))))

多分一番上の♂はなんとなくノリで乗っかっただけなのかもしれませんね・・・

ちなみにこの写真は4月になったばかりのつい最近撮影したもの・・・ということは・・・

・・・そうです。また産卵しました!!

いやいや、この間産んだばかりだし、まだ前のオタマジャクシ上陸すらしてないのに・・・・

ヤエヤマ卵4

予想外の事態でしたがとりあえず卵は保護しました

時季外れなので1月に産んだものと比べて少な目かな?

それにしてもこんなに簡単に繁殖してしまうカエルなのか?ヤエヤマは・・・・



その② サキシマキノボリトカゲ

サキシマキノボリトカゲ3

こちらも石垣島・西表島のみに生息する固有種

カエルが基本夜行性なのに対しこちらは昼行性なので、レイアウトしたケージ内でも割と見える所にいるのがうれしい(前回のレイアウトコンテストではカエルだけだったから、隠れてしまって・・・)


キノボリトカゲは沖縄本島や与那国島にも生息していますがこれらは亜種で、本種は他の亜種と比べて小さめで性格も温厚

サキシマキノボリトカゲ4

♂♀複数を一緒に飼育していますが、特に争うこともなくこのように積み重なっていることが多いです



以上動物はこれだけです!!

「えっ!?これだけ」と思いますが60㎝水槽内で考えるとこのくらいが限界・・・

でもこれで終わりだと物足りないので、以下「こんな動物も入れてみたかった」候補を紹介

(飼っていないので写真は検索して調べてみてください(-_-;))


サキシマアオカナヘビ

緑色の綺麗なカナヘビ。色が綺麗なのでレイアウトではキノボリより映えそう・・・正直キノボリトカゲと候補を選ぶのを迷いました

ニホンカナヘビ同様初心者でも飼育しやすく、飼育化で繁殖されている方も多いので流通もキノボリより多いです。ただ人気があるのかお値段は国産種にしては高め(キノボリの倍以上はする)

あと一つ難点があるとすれば、動きがすばしっこく逃げられると捕まえられる自信がないことでしょうか?尻尾を切ってしまうことも多そう(ちなみにキノボリは尻尾を切らない)


ヤエヤマミナミイシガメ

レイアウトでは水場も作るので何か水モノが欲しいなぁと候補にあったのがこのカメ

ただカメは確実にレイアウトを破壊するので断念!!

でもカメは好きなので、もしレイアウトを破壊しない小さい子がいたら入れてもいいかなぁ・・・


サキシマヌマガエル・ハナサキガエル

実は前回のレイアウトコンテストでサキシマヌマガエルをこっそり連れてきていたのだが、隠れて出てこないわ、ジャンプして逃げるので捕まえるのに苦労するわでもう散々( ノД`)

同じくアカガエル科で八重山にはハナサキガエルも生息しているが、安易に飼育できるカエルではない


・・・と候補をいれてもこんなもんかなぁ~(魚とか虫とかも入れればもっとバリエーションあるかもしれないが)

というのも八重山に生息する多くの生き物が希少動物だから、飼育できるもの自体限りがある

割と簡単に繁殖したヤエヤマアオガエルだって本来は希少な生き物なのだから、これからも大事に飼育していきたいものだ



次週、植物編に続く!!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。