FC2ブログ

トビガエル

カエル
03 /22 2017

ツリーフロッグを中心に飼育してきてから、はよ三年(爬虫類などはもっと前からだけど)・・・・

ついに念願だったあのツリーフロッグが我が家にやってきました!!


レインワードトビガエル♂

レインワードトビガエル

主に東南アジアに生息。通称「パラシュートフロッグ」と呼ばれ、その名の通り空を飛ぶカエルです!!

まぁ、正確にはモモンガのように滑空するわけで、カッコつけて落ちてるだけなのかもしれませんが(;^_^A

そんな特殊な生態はもちろんのこと見た目も非常に綺麗なカエルで、脇や水かきに鮮やかな模様が見られます。写真の♂の方が模様が綺麗で、繁殖期に模様で♀にアピールしていると言われています


で、こちらが♀

レインワードトビガエル♀

♂のような派手な模様はありませんが、とにかくデカい!!

ショップで見たときはヤエヤマアオガエルの♀と同じくらいだろうと思っていざ持ち帰ったら、ヤエヤマよりもデカい!!

ただ、このトビガエル体が細いのでボリューム感はヤエヤマと同格かなぁー

ヤエヤマ♀

こちらがポッチャリ体形のヤエヤマの♀・・・・

イエアメガエルと間違われてしまった(しかもイエアメで画像検索してたらこの画像出てくるし・・・)

ツリーフロッグ全般そうですが、♀は♂の倍くらいは大きいので見分けるのは簡単です


レインワードトビガエル♀2

トビガエルはアカメアマガエル達のいるレイアウトケージに入れる予定だったのですが、予想以上に大きかったので(多分このサイズだとウルグルオオクサガエルくらいなら食べてしまいそう・・・)、急遽ヤエヤマらがいる自作ケージの方で飼うことに変更!

本当はレイアウトケージ内で撮影した綺麗な写真を載せたかったのですが、う~ん・・・・残念!!

(上のヤエヤマ♀の写真も以前レイアウトケージで飼育していた際に撮ったものです)


レインワードトビガエル♂2

まぁ、カエル達にとってはこちらのケージの方が落ち着かせやすいんじゃないかな?

何せトビガエルはツリーフロッグの中でも特に飼育が難しい種と言われ、長期飼育・繁殖させた人はほとんどいないんだとか・・・・といわれると私はより挑戦心を掻き立てられますね~

同じアオガエル科のヤエヤマアオガエルの繁殖に3度も成功させたノウハウを活かし、是非ともトビガエルの飼育・繁殖に力を入れたいと思います!!



そうそう、トビガエルといえば我が家にはもう一種いましたね

アンナントビガエル6

我がブログの看板「ダルメシアンフロッグ(と私が勝手に命名した)」ことアンナントビガエルです!

一年前ショップでコイツを見たときの衝撃は凄かったです。白い体に黒いブチ柄、まさにダルメシアン!!(ただしこのブチ柄は子蛙の時だけ!)

我が家にきてから一年目になりだいぶ大きくなりました。大きくなるにつれてチャームポイントのブチがどんどん小さくなってきていますが(;д;)

アンナンも大きくなったのでようやくレイアウトケージにデビューさせました


貼りつくアンナン

アンナンがガラス面に張り付いていたので、貴重な吸盤の写真を!

なるほど、トビガエルを名乗るだけあって他のカエルよりも発達した水かきを持っていますね

コイツもレインワードと同じく滑空できるのか?残念ながら情報不足でそれは私にもわかりません!!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)