子蛙のためのレイアウト作り

ヤエヤマアオガエル
03 /14 2017

ヤエヤマベビー5

ヤエヤマアオガエルのオタマジャクシが大分大きくなり、そろそろ足が生えてきそうです(上の写真は去年のオタマが上陸した子蛙です)

少し早いですが、オタマがいつ上陸しても良いように子蛙用のレイアウトケージを用意します

備えあれば患いなし!ツリーフロッグ飼育は事前に飼育環境を準備しておくことが基本です。小さなカエルといえどもツノガエルのような即席でできる簡単設備では飼えません!



というわけで今回は見た目も綺麗で子蛙にもやさしいレイアウトの作り方の紹介です

ヤエヤマケージ

そんなに難しくはないですよ!費用もほとんどかかりません!

既にオークションでオタマを購入された方も、これから落札しようとしている方にも参考にできれば幸いです(^-^)/



まずケージを用意します

相手は子蛙とはいえツリーフロッグですので、広め(というよりある程度高さが必要)で通気性のある容器が必要です。私は見た目重視で爬虫類専用ケージを使っていますが、コストを削減したい方は大き目のプラケースでも構いません


ケージが用意できましたら、まず床材を敷き、登れるような流木を設置します

ヤエヤマケージ1

床材はいろいろな物がありますが、オススメはヤシガラ(またの名を「ベラボン」)です。軽くて保水性があり、さらに浄化作用もある万能の床材!そして何より百均で買える!!

流木もアクアリウムで水の中に沈めて使うのではないので、その辺で拾った適当な木で構いません!!

ここで使っている流木も全て海岸で拾ってきた物です(正し使う前にはちゃんと洗っておくこと)


次に植物を植えます

ヤエヤマケージ2

ツリーフロッグのケージに植物を入れた方が見た目も綺麗だし、カエルが葉の上で休んだりできます。生きた植物を入れることでその植物の状態がよければカエルにとってもよい環境である指標になります

植物は百均で売っているミニ観葉でも構いませんが、ここではリビングにある鉢植えの観葉植物の枝を選定して使うというタダでできる方法を教えます!

写真の木は観葉植物ガジュマルの鉢植えから枝をちょっと切ってヤシガラに挿したもの。多くの観葉植物の仲間は生命力が強く、このように枝を挿し木するだけで簡単に根付いて増やすことができます。挿し木からリビングに飾るような大きな鉢植えに育てることは無謀ですが、このようにテラリウム植物として使うのならベスト!レイアウトにちょうどいい好みのサイズに剪定できるのも魅力!

というわけで、一家に一鉢観葉植物あるとよし!!

観葉植物ならガシュマルの他にもゴムノキやシェフレラ、パキラなんかでもできます。でもガジュマルは沖縄や八重山地方を象徴する木でもありますので、ヤエヤマアオガエルとの相性はこれが一番かな?


植物をレイアウトしたら水容器と餌皿を置くスペースを作ります

ヤエヤマケージ3

ツリーフロッグ達は地上の空間がよく見えていません。ハエなど飛んでいる虫は見つけるのが上手いですが、コオロギなど地上の虫は彼らにとって見つけづらいのです。だから広めの餌容器を用意して餌場を作ってやります。餌皿は必ず不透明な容器であることが重要です


小さい頃はよく水にも入るので水容器も用意します。水容器は透明な容器でも構いません


ここでは余ったタッパー(水容器)と植木鉢の受け皿(餌容器)を再利用して使っているのでダサいですが(;_;)、こだわりたい方はちょっとおしゃれな容器でも使ってみてはいかがでしょうか?最近は百均でも綺麗な容器が手に入りますからね・・・・


容器を置いたら最後にヤシガラの上に水ゴケを敷きます

ヤエヤマケージ4

ヤシガラ単用でもいいかと思いますが、ヤシガラの上にカエルが乗るとカエルがヤシガラまみれになってしまいます。万能用土といえど欠点はあります!

そこで水ゴケを敷いてヤシガラを覆います。保水効果も上がるのでオススメです

水ゴケも百均で売っていますが、これだけは正直品質があまり良くなかったのでホームセンターで売っている物を使いました。何でも百均は無理だった・・・・(ノ_<)


そして最後の最後にオマケ・・・・

ヤエヤマケージ5

ヤドクガエルのレイアウトでも無いのに何でこんなところにブロメリア?

実はこれ、お土産でいただいたスナックパインの頭です(石垣島産)

パイナップルの頭をカットして土に植えておくと根が生えて育ちます



こんな風に子蛙のレイアウトが完成!!

ヤエヤマケージ

八重山をイメージしてシーサーやお土産の置物も置いてみました(*^_^*)

このように、ほとんどお金をかけずに簡単にできます!!

ぜひお試しあれ~



さぁ、これで準備はととのった!

ヤエヤマジュニア

何時でも上陸してかかってこいや!!

(そんな、怪獣じゃないんだから・・・・)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)