FC2ブログ

ビバリウム植物~2017年編~

レイアウト植物
03 /09 2017

ツウロウアオガエル2


「そういえばビバリウム内の植物記事に出してないや!!」とふと思い出しました

今年2017年に入ってから新しく入ったカエルは紹介していましたが、それと同時に植物の方も地味に入れていました

中には高価なヤツもあったりして地味に出費がかかる植物・・・・今回はそんな植物に囲まれた我が家のビバリウム植物の紹介です



Blechnum Obtusatum Var Obtusatum(中央奥)以下Ble~

Dracophyllum(中央手前)以下Dra~

ニューカレドニアの植物

ニューカレドニア原産の謎の植物軍団が我が家のビバリウムに降臨!!

アリ植物や食虫植物など濃いメンツばかりでまとまらないビバリウム(ちなみに上の写真には、アリノトリデ、アリノスダマ、アリノスシダの三種のアリ植物も写っています)に何かセンターにビシッ!とかっこいい植物が欲しいと思い、前からイベント会場で気になっていたBle~を導入

シダ植物の仲間で、カッコいい葉、写真ではよく見えづらいですが幹がヘゴみたいになっていて迫力満点!ビバリウムにこれがあるだけで太古のジャングルを思わせるような素晴らしいアクセントになります。成長が遅いので大きくなりすぎる心配ご無用

Dra~は独特な葉の形が特徴のツツジ科の低木。これでも道路脇に植わっているあのツツジと同じ仲間なんですね~・・・・現地では湿地に生えているらしく、ビバリウムの環境にもマッチします

これらの植物、正直割と高価でしたが、それに見合った存在感を発揮してくれました。すごいぞ!ニューカレドニアの植物!(ちょっとアジアから離れてしまいましたが・・・・)


食虫植物 ネペンテス・アルボマギナタ(Nepenthes albomarginata) 左

アリ植物 パキセントリア(Pachycentria glauca) 右

ネペンテス アルボマギナタ

前回導入後大きくなりすぎてビバリウムから出したネペンテス・アンプラリアに変わって新たに入ったネペンテス=ウツボカズラと前からいるアリ植物パキセントリア

ウツボカズラはどれも割と大きくなるし、強めの光を好むのでビバリウム向きとはあまりいえませんが、それでも何故か入れたくなるのは私のこだわりです


アリ植物というヘンテコ植物軍団の中ではかなり地味な見た目のパキセントリアはいい意味でレイアウトのメリハリになっています。こちらは新入りではなく以前から導入していたもの

こういった道路脇に植わっているみたいなシンプルな見た目の植物もあるとレイアウトが落ち着きます。小さいながら花も咲くんですよ!これ(ノボタン科の低木らしいです)


ネペンとアカメ

ネペンテスとアカメアマガエル

やっぱりウツボカズラといったらこの袋の部分を見せないとねぇ~

カエルは中南米、ネペンは東南アジアと異なる原産地・・・・

でもなぜか一緒に写っても様になるのはどちらも熱帯雨林を象徴する動植物だからでしょうか?

これでアカメの目がしっかり開いていればもっとよかったのですが・・・・

アカメアマガエル4

基本夜行性なもんでして・・・・



去年頃から本格的にレイアウトに凝り始めたビバリウム。それから様々な植物を入れては変更し、枯れてしまったもの、増えすぎたり大きくなりすぎて取り除いたもの、新しく入れたもの・・・・そして今日に至る!

今年も池袋で爬虫類レイアウトコンテストやるらしいし、3月末までパルダリウムコンテストなる写真投稿もやってるみたいだから是非応募してみたいです



最後にお知らせですが、大好評御礼のヤエヤマオタマのオークション出品、現在出品の分で最後とさせていただきます!流石にこれからもヤエヤマが毎回産卵してくれる保証はないし、これを逃したらもう次はないかも?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)