廃タンクのリサイクル

自作ケージ
03 /02 2017

以前から特集してきた自作の爬虫類ケージ

ケージレイアウト9

こちらのケージですが、もともとはビルの屋上などに設置されていた薬液タンクだったのです

そのビフォアがこれ!

ケージ1

仕事柄、こういった大きな廃材を預かることが多く処分に困っていたので

何か活用法はないだろうか?」と考え、以前の記事で自作ケージを作ってみたわけです

こういった薬液タンクは屋外用に作られているので、紫外線に強い樹脂でできており、丈夫なのが売りです。中が空っぽなら容量の大きさの割に意外と軽いのも良い!

そして何よりもこのタンク、排水設備が備わっているのが一番のポイントですね。普通の水槽だとこの設備を付けるだけで手間とお金がかかりますからね(;^_^A

ただ、元が薬品を入れていたタンクだけに中は丁寧に洗わないと危険です!また加工に使ったドリルやカッターも本格的なヤツを使わないと難しそう・・・・これも仕事柄できるからであって、一般の方が日曜大工で出来る代物ではございません!そもそもこんな廃材一般で手に入るわけないけど・・・・


というわけで、自作ケージに見事生まれ変わった廃材薬液タンク

これは縦長の四角い形状ですが、実は他にもいろいろなタイプがあります!

これまで様々なタイプのタンク廃材が我が家にやってきましたが、それぞれの形を活かして活用法を考えてきました。今回はそれらを紹介していこうと思います


まずはコレ!

P1030507.jpg

写真は既に加工済み状態のものですが、丸型の薬液タンクです

加工前は上の部分があるのですが、構造は四角いヤツと同じです

元は100リットル容量のタンクを半分にカットして50リットルにしています

これをどう利用するのかというと・・・・


アフター

ビオトープ2

特大の睡蓮鉢に見立ててビオトープに活用してみました!

写真はまだ入れたばかりで、しかも時期が冬なのでちょっと殺風景ですが暖かくなってくると水草が青々と茂ります。生き物でメダカやミナミヌマエビを入れていますが、特に餌をやらずとも勝手に増えました

ビオトープ

こんな風に周りをすだれで巻けば見栄えもそれなりによいですね



続いてはこちらのタンク!

薬液タンク

こちらも100リットルタンクで平べったいタイプ。写真は上部分のみカットしています

廃材として家にきたのはつい最近でしたが、これは見た瞬間「使える!」と思いました

これ、そのまま大きなトロ船になりますね

横幅約1メートル、縦50㎝、高さ30㎝・・・・普通のトロ船やキングタライよりも広い!

しかも例によって排水設備も完備され、かなりのハイスペック!!


ホオジロクロガメ4

これは是非ともカメの屋外ケージに活用したいものですね!

今はまだ寒いので移すのは温かくなってからだけど・・・・


今回紹介した二種類の廃タンク、自家消費用以外にも余ってますのでオークションで格安で出品させております!

面倒なカット加工済み、中を洗浄済みですのでそのまま使えますよ!この記事を読んで欲しいと思った方は是非!!

あ、オークションといえばヤエヤマオタマも大好評出品中です!!

こちらは期間限定(多分3月半ばごろまで)の出品となりますので、欲しい方は急げ!!


今回の記事、完全に宣伝になってしまった・・・・








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)