FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタマジャクシを数えてみた

ヤエヤマアオガエル
02 /21 2017

を順調に育っているヤエヤマアオガエルのオタマジャクシ達

まだ足は生えていませんが、大きくなってきています

ヤエヤマオタマ6

今回オタマの数がたくさんいるので「一体何匹いるのだろうか?」と数を数えてみることに


初めてのヤエヤマ産卵(去年の1月)の時は数を数えていなかったのですが、今回の方が明らかに多いと思いました

ちなみに、去年6月にも時季外れの産卵をしており、この時は数を数えていて85匹と少な目でした


さて、「本シーズンならきっとこれの2~3倍くらいはいくんだろうなぁ・・・・」と思いながら数を数えてみると・・・・


100匹・・・・「まぁ、これくらいは・・・・」

200匹・・・・「やっぱり、2倍はいた!」

300匹・・・・「思ったよりけっこういるなぁ~・・・・」

400匹・・・・「まだいんのかい!!どんだけ産まれたんだよ!!」

・・・・結果430匹もいました((((;゚Д゚)))))))

2~3倍どころか5倍にまで増えているではないか!!

これがヤエヤマの本気だったとは・・・・

ヤエヤマ♀

時季外れを含めて三度も産卵したビッグ・ママ!!

いや~あんたすごいよ本当ヽ(≧∀≦)ノ

だが、アオガエルはこれでもカエル界では少ない方で、他の種類のカエルでは普通に500~1000を軽くいくそう。アオガエルは卵を泡で包んで守る分、産む数が少ないのだとか


あと最近出たカエルの本で初めて知ったことなんだけど、ヤエヤマアオガエルってカエルでは珍しい一夫一妻なんだそうです

そうか~・・・・我が家にはヤエヤマの♂が4匹いるけど、夫になれたのは最初からいた一匹だけだったみたいだな。つまり、他の♂達は結ばれることなくただひたすら鳴いていたことになる(;д;)



「カエルの世界も厳しいもんだなぁ~」と思いつつも、それより当面の問題はこれだけたくさんのオタマをどうするかである。ショップの引き取りに出すにも流石に多すぎるので、オークションにも出してみた。というわけで、現在ヤフオクにてヤエヤマオタマを出品中ですので興味がある方は是非!!



おまけ

オタマを数えたついでにメキシコサラマンダー(通称ウパ)の幼生の数も数えてみました

ウパ幼生

こっちはオタマと比べるとちょっと少な目の110匹

途中で死んでしまう子も多く、意外と難しい幼生の飼育。最近やっとミジンコからイトミミズを食べれるまでに成長しました

丈夫なオタマと比べて神経質で弱いので、こちらはオークションには出さずショップ引き取りのみの予定です


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。