FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインチャコ

チャコガエル
02 /14 2017

バレンタインデーですね

我が家には女の子からのチョコではなく、女の子のチャコがやってきました(* ´ ▽ ` *)


チャコガエル5

お饅頭みたいなカエルで、フクラガエルと並び絶大な人気を誇るチョコガエルならぬチャコガエルです!

中にチョコの入った饅頭ではありません!


チャコガエルといえば、前回一ヶ月前に大枚はたいて入手したばかり。この時の子は♂でした

その一ヶ月後、まさかのチャコガエル再入荷!しかも体の大きな♀!!これは手に入れるしかない!!

かなり手痛い出費になりましたが、これで貴重なチャコガエルの繁殖を狙うチャンスができたので全力でトライさせていただきます!

狙っていたわけではないのですが、前回買った♂は既に休眠状態に突入。あとは♀も休眠させれば準備万端なのですが・・・・


チャコガエル6

ケージに入れてすぐに休眠体制に入ろうとしました!!

前回レイアウトしたケージの丁度流木の下が気に入ったらしく、そのまま寝床にしてしまいました

前回せっかくチャコガエルの為にレイアウトケージ作ったのに、休眠してしまったせいで何の意味もなくなったあのレイアウトがここで活かされるとは予想にもしておりませんでした


しかしここで疑問が残る・・・・こんなに簡単に休眠してしまうものなのか?

これまでツノガエルの飼育経験はなかったものの、本などを読んで知識は身に着けていたつもりだ

普通に飼っていたら、ツノガエルは休眠しないらしい。でもチャコガエルはどうなんだろう?

これはいろいろ調べてみる必要がありそうだ


まずは生息地について調べてみると、チャコガエルの生息する地域「グランチャコ」はパラグアイ、アルゼンチン、ブラジルの国境を接する地域

ちなみに同じお国柄ではこのカエルも生息しているのだとか

ソバージュネコメガエル4

ソバージュネコメガエル、まぁコイツは休眠はしませんが・・・・


気候は半乾燥で、雨は11月~3月までの間のみ降る。日中の最高気温は30~40℃にもなり、夜間の気温は氷点下まで下がることがあるという

どうやらチャコガエル、現地ではほとんど休眠しているようだ


次に我が家の部屋の温度を調べてみる

我が家の部屋は三方向に窓がある。この窓から太陽の光が注ぎ、昼間は冬でも25℃くらいの温室となる。しかし夜は暖房がない(故障してしまった(;д;))のでガクッと下がるが、それでも10℃を下回ることはない。爬虫類を飼育している方の部屋としてはありえないくらいの低温なのかもしれないが、実際こんな環境で熱帯の観葉植物や蘭が枯れずに普通に育っている。

飼育している生き物のケージにはパネルヒーターを側面に貼り付けているのみ(例外としてカメは水中ヒーターで水温28℃にしているが)

ちょっとズボラな感じがしなくもないが、この温度差のおかげでヤエヤマアオガエルやメキシコサラマンダーが繁殖したのだ。逆に爬虫類(スキンクヤモリ)の繁殖は全く上手くいかず、向き不向きはあるらしい。

ではチャコガエルはどうか?現地の気温を見る限り我が家の部屋の温度でも大丈夫そうに思える。ケージはそこまで乾燥してはいない。恐らく休眠の原因は夜間の低温が原因だろう


休眠することが悪いことだとは文献などでも書かれてはいない。むしろむやみに起こして動かす方がストレスで弱らせてしまうのかもしれない。これがまだ未熟な幼体だと休眠はリスクが高いが、今回購入した個体はどちらも飼い込みのアダルトだ


・・・・といろいろ考察した末、このまま休眠を続行させることにした

起こすのは4月ごろ暖かくなってからかな(現地での活動期と真逆になるけど)?

それまではしばらく干からびた期限切れの饅頭のような姿のチャコガエルと付き合うことになる(決して死んでいるのではない!最初は私も疑ったが、よく見ると明らかに死んだカエルのそれとは異なる)

はたして無事に繁殖に成功できるのであろうかは、今はただ祈ることしかできない・・・・



今回は写真少な目でしたが、その分ちょっと真面目に文章を書きました!!

ソバージュネコメガエル5

どやぁ~!!


ソバージュネコメガエルは毎回面白い表情をするので見ていて楽しいですねヽ(´∀`)ノ






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。