FC2ブログ

チャコガエルのお引越し

チャコガエル
02 /08 2017

今年1月に新しく迎え入れたチャコガエル

プラケでシンプルに飼育していましたが・・・・


チャコガエル3

プラケが曇っていて上からしか見えない!!(;д;)


これでは飼っていて楽しくないので、予てより用意していたケージにお引越しです

チャコケージ準備

前面扉式30㎝ガラスケージ(中古)、爬虫類ショップが移転の際に格安で譲って頂いたもの

このタイプのケージでは珍しい上部分のガラスが外せる優れもの

今回は写真に写っている物で簡単なレイアウトも作成します


このケージはもともとアメイロイボイモリがいたケージなので、アメイロもお引越しです!

アメイロはこちらのレプタイルボックスに移します

アメイロケージ


アメイロイボイモリ3

ケージが移っても相変わらず餌をねだって寄ってきます

アメイロを移したところでいよいよチャコのレイアウト作りです!


チャコケージ流木

流木とコルクを設置し、間にウールマットを敷きます

植物を植えるスペースです

チャコケージ植物

水ゴケで植物を植えこみます

二種類ともホームセンターのジャンク品で売られていたペペロミア(詳しい種類はわかりません)

植物はあくまで見栄えをよくするための飾りで残りのスペースはカエルのために確保

チャコケージソイル

あとはソイルを敷くだけ・・・・

本来ビバリウムのレイアウトですとこの下ににハイドロボールを入れたり、スノコを敷いたりするのですが、このケージは下に張れる土や水の高さが3㎝くらいしかないのでそんな余裕はありません!

それにチャコガエルは地面に潜るし・・・・


チャコケージ

LED照明、パネルヒーターを付けて完成!!

割とシンプルなレイアウトですが、前のプラケと比べて大分見栄えは良くなりました


さあ、引っ越し完了後のチャコガエルの雄姿を・・・・ってアレ?


チャコガエル4

休眠状態になってしまった!!((((;゚Д゚)))))))

せっかくレイアウトまで作ったのに・・・・

でもこの状態になる前の餌食いは良好だったし、しばらくはこの状態でそっとしておこう

ちなみにこの状態も僅かに動いているのが観察できます



オチがちょっと残念なので、ここで我が家の飼育棚を改めて紹介致します

リサイクルショップで購入した木製の三段棚にインテリア感覚で並べて乗っけています(^∇^)ノ


棚一段目

ケージ1段目

一番下の段はレプタイルボックスを3つ並べてセット!

右2つはスキンクヤモリ、左は今回新たにセットしたアメイロイボイモリのケージです

植物は入れておらず、特に光は要らないのですが、観賞用にLEDライトを上部に設置しています


棚二段目

ケージ2段目

中段は前面扉式30㎝ガラスケージ(中古)が二つ

右は今回新たにセットしたチャコガエル、左はヤエヤマアオガエルのベビー達のケージです

先ほどレイアウト作成の過程で説明した通りケージの構造上、レイアウトはちょっと手抜き気味ですが見栄えはそこそこいいと思います

ライトも含めてこの間スペースにいい感じに収まりました


そして三段目

ケージ3段目

最上部となる段にはメインの60㎝と30㎝(どちらも高さは45㎝)のビバリウムケージが並びます

右はソバージュネコメガエルら乾燥系、左はアカメアマガエルら多湿系とどちらもツリーフロッグのケージです

こちらは手抜き一切なしの本格レイアウト!



以上我が家の飼育棚でした(ちなみにこれ以外に自作ケージやカメやウパの水槽は別のスペースに設置してありますよ!)




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)