FC2ブログ

カメ達の冬越し準備

未分類
10 /12 2016

ABT34.jpg

カエルの記事がメインだった為、一回しか紹介できなかったカメさん達

全員黒いカメで「クロちゃん」扱いだったのですが、ようやくニックネームが付きました。


クロヤマガメ

「にこ」

トラバンコアヤマガメ

性別不明(♂はほとんどいないらしいから多分♀なんだろうなぁ)


以前「クロヤマガメ」の亜種と紹介したこの子ですが、正式名は「トラバンコアヤマガメ」といいます。

亀のイラストで有名なみのじさんの愛ガメがこのトラバンコアヤマガメで、「にんちゃん」のニックネームで親しまれているようです。名前を一文字変えただけですね・・・・


ホオジロクロガメ

「ココア」

ホオジロクロガメ

♀(♂は顔の白い部分がなくなるそうです)


このニックネーム、当初トラバンコアヤマガメにつける予定だったのですが、なんかこっちの方が「ココア」っぽいと思い流用しました。

ホオジロクロガメは以前三匹飼っていたのですが、傷だらけで状態が悪い子だったこともあり現在はこの一匹のみです。


クサガメ黒化

「黒曜丸」

クサガメ

♂(♂は「黒化」といい真っ黒になる傾向がある)


なんか一匹だけごついニックネームですが、真っ黒に輝くその姿はまさに黒曜石です。

日光浴が大好きな太陽の申し子。



このカメさん達ですが、夏場は屋上でこのように飼育していました。

IMG_20161008_161044299.jpg

水から上がってもかなり自由に歩き回れてのびのびと過ごせる環境を作りました。

オーバーフロー式の排水も付け管理も楽々。ちなみに右上のカメは置物のゾウガメ


しかしこの設備で過ごせるのも夏の間だけ・・・・


IMG_20161008_165919145.jpg

これから寒くなってくるので、こんな簡単な衣装ケース設備に移ります。

陸場は百均の材料で自作したものです。ヒーターとフィルター、さらに日光浴用のライトと電気の方に設備がかかるので、他はシンプルに

もっともカメはレイアウトしても破壊するだけなのでこのようなシンプルな設備の方がいいのです。


ホオジロクロガメ2

ココアは屋内飼育のほうが調子がよいです。

以前、屋外飼育で調子を崩した際にも室内飼育に移行したらすぐに元気になりました。寒いのが苦手なんです。室内飼育だと餌をねだって寄ってきます。また屋外飼育ではめったに水から出ることはなかったのですが、室内だと日光浴にも出てきます。


とはいえ、屋内飼育に移行するのはにことココアだけ・・・・

クサガメ2

冬眠可能な黒曜丸はこのまま屋外設備に残ります。

他の二匹がいなくなって我が物顔で設備を独り占め・・・・と思いきや


アカミミガメ

実は冬眠組にはこんな「先輩」がいました。

アカミミは気性が荒いので他のカメとの同居は基本避けた方がよいですが、水場・陸場ともに十分なスペースを確保して、餌やりの際に二匹の亀にしっかりいきわたるようにすれば特に争いはなかったです。もっとも黒曜丸がアカミミに負けないくらい強いからというのもありますが・・・・


以上、初めてとなるカメオンリー記事でした。

カメ好きの人たちにももっと見てもらえるようカメ記事もたまには載せたいですね。


クロヤマガメ2

にこちゃん(トラバンコアヤマガメ)はかなり希少なカメなので飼っている方とは情報交換していきたいです。


まだブログ初めて浅いですが、これからカメ友、カエル友、その他いろいろ増やせるよう頑張ります!







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)