FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビバリウムケージを作る~完成編~

自作ケージ
09 /27 2016

前々回から続いていたビバリウムケージ作成も今回でいよいよ完成です。


前回フタの部分がなくて、完成まであと一歩のところで一時中断となってしまいました。

そのフタですが・・・・


ケージ15

倉庫にちょうどいいプラスチック板が捨ててあったのでこれを使いました

透明度も耐久も劣りますがフタとして使うには十分です。

通気の穴をドリルで無数に空けました(飼う生き物にもよりますが、もっと多く穴を空けた方がよいのかもしれません)

これをただのせただけです。上にライトなどを乗っければ十分重しになるし、大掃除(普段のメンテは前面の扉から)の時にはずしやすいので無理に固定しなくてもいいかなと思ったのです。

しかしまぁ、よくこんな都合のよいものが転がっていたなぁ・・・・


とにかくこんなわけでケージが完成しました!

ケージ18

う~ん、見た目は正直あまりカッコよくないですね

でも機能面では各社市販の爬虫類ケージのよい部分を取り入れ充実してます

・管理しやすい前面開閉式の扉

・窓の一部をパンチボードにした通気性の確保

・上のフタも外せる

・排水機能

・背面にコードが出せる穴がある

(下2つの機能は後程改めて紹介いたします)


何よりほとんど廃材利用で作れたのですから十分満足です


ケージ19

背面です

もともとタンクだった名残がありますが、隠れる部分なのでよしとしましょう


さて、完成までの制作過程はこれでおしまい

ここからは制作過程で説明を省いていた箇所を数点紹介します


排水機能

ケージ17

これは廃材のタンクに元から備わっていた機能です

便利なのでそのまま利用。この機能があったからこそ、わざわざタンクを改造してビバリウムケージを作った甲斐があるのです。


背面コード穴

ケージ16

これは愛用しているエーハイムレプタイルケージを参考に、背面にドリルで穴を空けました

意外と爬虫類ケージでこれがあると便利なんですよね。ポンプとかヒーターとかコード短いから上から入れると全然足りない。ましてこんな高さのあるケージだとなおさらです。

ちなみにはコードを通した後はゴムのブッシングを入れ、パテで隙間を埋めて、生き物の脱走を防ぎます。


以上、せっかく完成した自作ケージですが、今のところ入れる予定の生き物はいません。飼っているカエルがまだベビーサイズなので、大きくなったら使う機会はあるでしょう。

それまでは冬に備えて植物の温室代わりに使おうと思います。


では、最後にまたまた新入りカエルの紹介を!


ジュウジメドクアマガエル

ジュウジメドクアマガエル

「ミルキーフロッグ」の名前の方が有名なカエル。我が家のカエルではアカメに次いでメジャーな方かな?

こちらも可愛いベビーサイズ。ベビーフロッグの種類と数がここ最近で一気に増えました。


ビバリウムケージ作成記事のオマケで毎回カエルの新入りを紹介しましたが、簡単だったので次回改めて紹介したいです。

この記事を書いているころにアカメアマガエルもペアになったし、最近は中南米のカエルが熱いです!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。