FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビバリウム植物~食虫植物編~

レイアウト植物
08 /08 2016

ビバリウムに使用した植物を紹介する記事第二弾。今回は食虫植物を紹介します・・・・


・・・・とは言っても前回のアリ植物が何種類も使ったのに対し、ビバリウムに使用した食虫植物はたったの一種類のみです。その一種とはウツボカズラことネペンテス。はっきりと言っておきます。ビバリウムに使えるのはウツボカズラだけです。

意外かもしれませんが、本来食虫植物が生息している環境を調べれば明らかなんです。


試しに食虫植物の代表、ハエトリグサを例に挙げてみましょう。

ハエトリソウ

我が家のハエトリグサ(年中屋外での栽培)


漫画やゲームなどの様々なキャラクターのモチーフとして扱われてきたハエトリグサ

その姿から熱帯のジャングルに生息する怪奇植物と誤解されがちですが、実際は北アメリカの湿地帯に生えています。日本でいう湿原とか尾瀬とかそういう環境で熱帯とは程遠くむしろ夏は涼しいくらい。

冬には雪が降り、雪に埋もれながら休眠し春にまた生長と四季に応じたライフサイクルを持っています。これがジャングルみたいなビバリウムで育つわけがないでしょう?


ところがそんなことは関係なしにイベント会場のレイアウトではハエトリグサが堂々とレイアウトに使われ、テラリウムの本でも紹介され、ショップでもレイアウト用植物として売られているというのが現実。たしかに湿地に生息するので根腐れしにくく短期間なら使えないこともないのでしょうが、ハエトリグサにとっては生け花で生かされているのと同じようなものです。

食虫植物には他にもサラセニアやモウセンゴケなんかがいますが、これらもハエトリグサと同じような環境に生息しているので使えません。どちらかといえばビバリウムではなくビオトープ(睡蓮鉢でメダカを飼ったりするアレ)向きでしょうね。



さて、前置きが長くなりましたが改めてネペンテスの紹介です。

食虫植物で「熱帯のジャングルに生息する怪奇植物」と呼べるのはネペンテスだけ!

ネペンテス

こんなのがビバリウムにいたらカエルが食われるのではないかと思いますがそんなことはないです。

種類によってはカエルを飲み込めるくらいの袋をつけるヤツもいますが、そんな大物が水槽の中に納まるわけがありません。これはアンプラリアという小型種。


ネペン植え付け

ネペンテスのビバリウム植え付け前の画像です。

鉢植えから土ごと取り出して周りを水ゴケでくるんで木綿糸で巻きました。

いわゆる苔玉というやり方です。アリ植物のような活着性はないのでこの方法を使いました。


ネペンとキボシ

あとは苔玉ごとビバリウム内に設置すればOK!

植え付け直後はこのようにコンパクトにまとまってはいたが・・・・


ネペンとヤエヤマ

三ヶ月後にはこんなに大きくなってしまった・・・・意外と生長早いな!

手前のアリノスシダが隠れてしまいそうだし、レイアウトのバランスが悪くなってしまった。

上は伸びすぎてやむなくカットしなければいけなくなる始末。

まぁカエルにとっては乗るのにちょうどいい葉っぱになるんじゃないかな?

これでもネペンテスの中では小型種の方なんですがう~ん・・・・


結論からいうと食虫植物はビバリウムに向いていません。どうしても使いたいなら短期間のみか、小型のネペンテスを大型(上に伸びるので高さのある)のケージで栽培するしかありません。そこましてもレイアウトに使いたくなるのはやっぱり食虫植物が魅力的だからでしょう!


最後に一言付け足しておきますが、アリ植物の栽培に共生用のアリは要りません!食虫植物の栽培に餌の虫は要りません!(何気にこれ一番重要なポイント)





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。