FC2ブログ

カメレオン参上!

未分類
12 /26 2018

しばらくの間更新していなかった当ブログですが、いよいよ我が家あの動物がやってきたので久しぶりの更新!おそらく年内最後の記事となるでしょう‼


さぁ、それでは早速その動物に登場してもらいましょう!

タイトルで既にバレバレですけど(笑)

カメレオン

パンサーカメレオン Furcifer pardalis

そう、カメレオン!前々から飼いたいと憧れていたカメレオンです‼

これまでカエルをメインに樹上性のトカゲやらヤモリやらにもちょくちょく手を出してきた自分としては「いずれは通る道」だとは思っていましたからね(笑)


その昔、カメレオンといえば爬虫類界史上最も飼育難易度が高いとおそれられていた存在でしたが、今では飼育方法も確立され、入荷してくる個体も状態良く入ってこれるようになり大分飼い易くなり、今や爬虫類のイベントでは必ずいると言っていいほどポピュラーな生き物になったのは時代の流れを感じさせます・・・


カメレオン3

カメレオン4

とにかくカラフル!ド派手‼

我が家でこれまで飼ってきた動物達は正直地味で陰気な連中ばかりだったので、そんな中にこんなド派手なカメレオンが来ると圧倒的な存在感を感じさせます

左右バラバラに動かせ、360度の方向を見渡せる目は飼い主の気配をあっという間に察知し、視線をジッと向けてきます

特徴的な手は爬虫類の中では唯一「物を掴むこと」が出来る(他のトカゲは爪で引っ掛けているだけ)。手を差し伸べると握手もしてくれます!(ただし、爪はあるので素手だと若干痛い)


確かにこんなペットがいたら楽しいですよね(^∇^)人気があるのも頷けます

カメレオン5

ただし、あまりじろじろ見ていると威嚇されます!

やはり視力に敏感な分神経質なところがあるので、極力ストレスを与えないよう少し距離をおいてそっとしておくようにしないとね(^^;

ただ、餌を食ったり水を飲むのは人前でも平気でするので思ったよりは扱いやすいです(勿論個体差はあると思いますが)

う~ん・・・クシトカゲよりも扱いやすいかも⁉

カメレオン6

夜になると色が黄色っぽくなり眠りにつきます!

カメレオンというと周りの色に合わせて変色するイメージがありますが、実際はそんなに意識した変色はしておらず常時かなり目立ちます

フィクション作品に登場するカメレオンは何故か透明になれるスキルを持っていますが、本物はそんな事できませんから!


さて、そんなカメレオンの飼育ですが、検索すればいくらでも情報が出てくるではありませんか‼

いやぁ~今までクシトカゲとか飼育情報が全く無い奴らを手探りで飼育方法を開拓していくという事をやってきた自分にとっては随分あっけないというか、むしろ逆にカメレオンの飼育方法を参考にしながら樹上性トカゲの飼育をしていたんだと思う

カメレオン飼育

我が家の自作ケージ(縦横50高さ90㎝)で特に問題なく飼育できました

基本クシトカゲと同じ飼育環境にバスキングランプと暖突といった保温器具を追加しただけ!

そりゃカメレオンを飼うために作ったようなケージだもの!(嘘!本音は廃材のタンクをリサイクルしたかっただけです‼)

でも視力が良い分、空間認識能力が高いのでずっとケージの中だとストレスになるんだそう・・・

カメレオンは動きがゆっくりで部屋の中を荒らしたり、脱走して遠くに逃げてしまう事もないので、部屋の中に放し飼いにしている方も多いのだとか・・・

カメレオン飼育2

そこで我が家でも天気が良く暖かい太陽の光が部屋に差し込む昼間にはカメレオンを部屋に放してやりました。すると観葉植物のガジュマルの木から部屋のカーテンをよじ登って天井まで行ったり来たりとなかなかアグレッシブに活動しました!

本当ならずっと放し飼いにするのが理想なのでしょうが、流石に部屋全体の温度湿度の管理を常時維持するのは難しく、外出時に家を空けていることも多いので、普段はケージで飼うのが現状です



さて、ここで話題を変えまして、パンサーカメレオンはマダガスカル原産の爬虫類ですが、実は今回マダガスカル産のカエルもちらほら新しくお迎えしていましたのでついでにここで紹介します!


そういえば最近メインであるはずのカエル記事書いてないな・・・(;^ω^)


アカメイロメガエル

アカメイロメガエル Boophis luteus

マダガスカル産のツリーフロッグで、見た目や大きさは日本のアマガエルみたいなもの

「アカメ~」といえば我が家でも飼育しているアカメアマガエルが有名ですが、こちらも写真の通り目の周りが赤いのが特徴的。しかしこの赤い部分は夜間起きて活動している時しか見られず、普段は葉の上でじっとしていて目立ちません(これはアカメアマガエルも同じですね!)

アカメアマガエルはオレンジ色の水かきや側面の青い模様が派手ですが、こちらは透き通るようなグミのような質感!・・・まぁ、要するにどちらも綺麗なんだってこと(* ´ ▽ ` *)


アミメスキアシヒメガエル

アミメスキアシヒメガエル Scaphiophryne pustulosa

こちらもマダガスカル産のカエルで、日本でいうヒキガエルのような地表性。大きさは5㎝ほど

ヤドクガエルなどには及びませんが、カラフルな模様で綺麗なカエル!でも、ヤドクのように温度や湿度にそれほど敏感では無く、飼い易いのだとか!実際飼ってみると餌にも反応が良く、地中に潜ってほとんど出てこないかと思いきや結構良く出てくるので良いカエルだと思います


以上、新入りのマダガスカルの生き物達の紹介でした!

思えば去年もマダガスカル産のカエルでアカトマトガエル、ヤモリではエダハヘラオヤモリ、最近ではオオバクチヤモリとマダガスカルの両生類爬虫類だけでもかなりの多種多様な面子がいる事をあらためて感じさせてくれますね!

残念ながら、アカトマトは2週間で急死、エダハは夏の猛暑にやられてしまいましたが、こういった経験も教訓に新しくお迎えした生き物達の飼育に精進していこうと思います


というわけでちょっと早いですが、来年もどうぞよろしくお願いします(^-^)/

カメレオン2

元々派手ですが、本気を出すとここまで派手な色に‼

スポンサーサイト

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエル、トカゲ、植物などいろいろやっています!
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・飼っている生き物の紹介・繁殖事例
・栽培している植物の紹介・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/12/25更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメイロメガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
アミメスキアシヒメガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
メキシコフトアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
ニホンイシガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ
パンサーカメレオン

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)