アクアリウムバス出店

カエル
07 /02 2018

宣伝

7月15日(日)に開催されるアクアリウムバスにて家のカエルを出品することとなりました

出展ブース: 爬虫類両生類オフ会


以下イベントで出すカエル達です(^-^)/


ヒスイトビガエル Rhacophorus prompinanus

ヒスイトビガエルベビー

以前の記事でチラッと紹介したヒスイトビガエル。今回はなんとも珍しい飼育化繁殖個体(CB)ベビーを出品します!

まるでグミみたい!(笑)


本種は滑空することで有名なトビガエルの仲間で、発達した水かきは飛膜の様な機能を持ちます。指の大きな水かきを広げる事により木の幹から角度を付けて飛び出して、滑空することが出来ます

トビガエルの仲間の繁殖例は非常に少なく今回このようなCBベビーは極めて稀

でも実はこちら、繁殖させたのでは私ではなく、他の方です(;^ω^)

私の方で親ガエルを提供する代わりに今回オタマジャクシを譲って貰いました

(イベントでの出品についてもちゃんと許可を頂いております)

ヒスイオタマ

私の所に来た時は既に足が生え始めていました

いつも繁殖させているヤエヤマアオガエルのオタマと比べるとやや大きい感じです

ヒスイ上陸

温度も暖かくなってきたからか?上陸はあっという間でした!

上陸後もヤエヤマよりもやや大きい感じです


餌は現在ショウジョウバエを与えています。イベントに出品する頃にはもう少し大きくなりますので、コオロギのsサイズが食べられる安心サイズ(約2~3㎝)でご提供いたします!


ヒスイトビガエル3

こちらが親(オタマと引き換えに渡したので今はいません!)

成長しても透き通るような色彩と水かきの赤や黄色の模様がとても綺麗なカエルです

因みに成長しても最大5~6㎝程度なのでそれほど広いケージでなくても飼えます

ヒスイトビガエル4

アダルトでもグミみたい!(笑)

トビガエルはマレーシアを主産地にタイにまで分布します。日本に輸入されてくるのは殆どがワイルド(WC)で、着状態が悪いことが多くこれまで飼育が難しい種類とされてきましたがCBなら幾分飼い易くなってくると思います。こんな機会滅多にないと思いますので是非‼



ヤエヤマアオガエル Rhacophorus owstoni

ヤエヤマアオガエルベビー

当ブログではお馴染みのヤエヤマアオガエルも可愛いCBベビーを出品します!


石垣島と西表島のみに生息する固有種のアオガエル。本土のシュレーゲルアオガエルやモリアオガエルに似ていますが、お腹の色が黄色くて少し丸みを帯びた体形は非常に愛らしいです。シンプルに「カエルらしさ」を詰め込んだほんとに可愛いカエルだと思います


また、本種は飼育化では青い色になりやすい傾向が強く、綺麗な「青蛙」として育てることも!

何年か飼育してきたので分かった事ですが、太陽光に近い光に当たっているかどうかで色彩が変化すると思われます。色彩が青くても健康状態的には問題なく、1度青い個体になった後でも強い光のある環境下で飼えば本来の緑色に戻りますので、色彩に関しましてはお好みの飼い方で・・・


ヤエヤマ産卵3

ヤエヤマオタマ7

ヤエヤマアオガエル ベビー2

今回出品する子ガエル達は去年12月に産卵~今年1月に孵化、4月頃から上陸を開始して今ではコオロギsも食べられる飼い易いサイズまで成長しました。大きさは上陸したてのヒスイトビガエルと同じくらいです

これまでに3年連続通算6回もの繁殖に成功しております。例年ですとお世話になっているショップさんに分譲したり、ヤフオクに出品したりしていましたが、私自らイベントで出品するのは今回が初

なお、今年は例年よりも暑くなるのが早く輸送時に負担がかかるのでオクでの出品はしません

イベントのみの出品となりますので欲しい方は是非‼


ヤエヤマペア

なお、今までずっと繁殖を続けてきたヤエヤマアオガエルの両親ですが、高齢化の為繁殖は今回が最後です!

1年前まで2年連続繁殖を続けてきたペアに代わり、次回からはWCの新しいペア(上写真)で繁殖は継続していくつもりですが、今までのCB両親の子供は本当に今回が最後です


以上、私がイベントで出店するカエル達の紹介でした

なお、当初の予定では他に繁殖に成功したアイフィンガーガエルも出品する予定でしたが、その後出品できるほど数がおらず(産卵数がとにかく少ない!)取りやめに(ノ_<)

期待していた方申し訳ございませんでした(とはいえまだ親達はいるので繁殖の継続はできると思います)


追記:

ヤエヤマアオガエルのCBベビーでしたが、今までの継続繁殖だった為か、今回は不調により出品を取りやめと致しました。申し訳ございませんでしたm(__)m

お詫びとしてハロウェルアマガエルを1パック(2匹入り)、石垣島産ハブカズラ(植物苗)を持っていきます(一応八重山の生き物をメインとして繁殖も行っていますので、多少はそれにちなんだものも持って行かないと様になりませんので・・・)

ハロウェルアマガエル3

ハブカズラ

スポンサーサイト

ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)