フクロアマガエル

カエル
03 /29 2017

先週のトビガエルに続き、またまた変わった生態を持つカエルがやってきました!!


フクロアマガエル

フクロアマガエル(リオバンバフクロアマガエル?)

南米原産のアマガエルの仲間。見た目はぽっちゃり目のアマガエルですね(*^_^*)

普通のアマガエルと比べて大きさはそこそこ(6㎝くらい)大きいです

パッと見あまり特徴的な要素のない地味なカエルに見えますが・・・・


フクロアマガエル2

背中を見てみると何やら窪みがありますね

これがフクロアマガエルの名前の由来である袋です

この袋は♀だけにあり繁殖の際に卵を中に入れるもの。卵は孵化するまで三か月もかかるらしく、♀はその間ずっと卵を袋の中に入れて守るそうだ。泡で卵を守るヤエヤマアオガエルでさえ孵化まで一週間程度だったのだから、三か月は相当長い期間になる。ちなみに孵ったオタマジャクシの成長も非常に遅いらしく上陸まで半年以上もかかるらしい


とそんな不思議な生態を調べてみると繁殖に挑戦してみたくなりますが、何せこのカエルそんなに滅多に入荷しないのでペアが揃わない。今回貴重な♀がいたので購入したのだが、実はその数か月前に♂が入荷していたのだ!!

だが、その時は「多分♀は入ってこなさそうだから♂だけ買ってもねぇ・・・・」とスルー・・・・

それよりもあのチャコガエルの出費がデカくて買えなかったのが正直な理由なんだが・・・)


まぁ、繁殖はさておき見た目はコロコロして愛らしいカエルで前から気にはなっていた種類でしたので今回ようやくお迎えできてよかったですo(^▽^)o



ところでこのフクロアマガエル、分類上はアマガエルなのでツリーフロッグなのですが、あまり木に登らず地上にいることが多いらしい。アマガエル同様吸盤を持っているので一応登ることはできるが、あまり得意ではない。跳ねることも少なく、のそのそと歩く事が多い。

と調べてみたらいろいろ書いてありましたが、実際に飼育してみると・・・・

ソバージュとフクロ

案外高い所まで登っているし!!

隣のソバージュネコメガエルはケージの一番高い所でほとんど動かずじっとしているカエルなのですが、まさかソバージュの隣に並んで居座るとは思いませんでした(°_°)

それにしても・・・何だこのツーショット!!

いろんな種類のカエルを同居しているとこんな素敵なツーショットがたまに撮れたりします(笑)



新しく入ったカエルの紹介はここまでで、ここからはお知らせです

4月から通常の記事更新とは別に新企画「八重山リウム作れるか?」をスタートします!

ツダナナフシ

ヤエヤマアオガエルを始めとした八重山原産の動植物を紹介しつつ、八重山の自然を再現したビバリウムを作るという内容です(写真は八重山原産のツダナナフシ)

最近イベントで八重山の動植物を扱う方々にもブログ名刺を配って宣伝してきましたし、せっかくですから専用記事を設けてみます。特に植物は週一回の更新ではまだ紹介しきれないほどあるので(;^_^A


もちろん通常の記事もいつも通り週一更新で行う予定です。これから暖かくなってくるから生き物達の動きも活発になってくるはず!




スポンサーサイト

トビガエル

カエル
03 /22 2017

ツリーフロッグを中心に飼育してきてから、はよ三年(爬虫類などはもっと前からだけど)・・・・

ついに念願だったあのツリーフロッグが我が家にやってきました!!


レインワードトビガエル♂

レインワードトビガエル

主に東南アジアに生息。通称「パラシュートフロッグ」と呼ばれ、その名の通り空を飛ぶカエルです!!

まぁ、正確にはモモンガのように滑空するわけで、カッコつけて落ちてるだけなのかもしれませんが(;^_^A

そんな特殊な生態はもちろんのこと見た目も非常に綺麗なカエルで、脇や水かきに鮮やかな模様が見られます。写真の♂の方が模様が綺麗で、繁殖期に模様で♀にアピールしていると言われています


で、こちらが♀

レインワードトビガエル♀

♂のような派手な模様はありませんが、とにかくデカい!!

ショップで見たときはヤエヤマアオガエルの♀と同じくらいだろうと思っていざ持ち帰ったら、ヤエヤマよりもデカい!!

ただ、このトビガエル体が細いのでボリューム感はヤエヤマと同格かなぁー

ヤエヤマ♀

こちらがポッチャリ体形のヤエヤマの♀・・・・

イエアメガエルと間違われてしまった(しかもイエアメで画像検索してたらこの画像出てくるし・・・)

ツリーフロッグ全般そうですが、♀は♂の倍くらいは大きいので見分けるのは簡単です


レインワードトビガエル♀2

トビガエルはアカメアマガエル達のいるレイアウトケージに入れる予定だったのですが、予想以上に大きかったので(多分このサイズだとウルグルオオクサガエルくらいなら食べてしまいそう・・・)、急遽ヤエヤマらがいる自作ケージの方で飼うことに変更!

本当はレイアウトケージ内で撮影した綺麗な写真を載せたかったのですが、う~ん・・・・残念!!

(上のヤエヤマ♀の写真も以前レイアウトケージで飼育していた際に撮ったものです)


レインワードトビガエル♂2

まぁ、カエル達にとってはこちらのケージの方が落ち着かせやすいんじゃないかな?

何せトビガエルはツリーフロッグの中でも特に飼育が難しい種と言われ、長期飼育・繁殖させた人はほとんどいないんだとか・・・・といわれると私はより挑戦心を掻き立てられますね~

同じアオガエル科のヤエヤマアオガエルの繁殖に3度も成功させたノウハウを活かし、是非ともトビガエルの飼育・繁殖に力を入れたいと思います!!



そうそう、トビガエルといえば我が家にはもう一種いましたね

アンナントビガエル6

我がブログの看板「ダルメシアンフロッグ(と私が勝手に命名した)」ことアンナントビガエルです!

一年前ショップでコイツを見たときの衝撃は凄かったです。白い体に黒いブチ柄、まさにダルメシアン!!(ただしこのブチ柄は子蛙の時だけ!)

我が家にきてから一年目になりだいぶ大きくなりました。大きくなるにつれてチャームポイントのブチがどんどん小さくなってきていますが(;д;)

アンナンも大きくなったのでようやくレイアウトケージにデビューさせました


貼りつくアンナン

アンナンがガラス面に張り付いていたので、貴重な吸盤の写真を!

なるほど、トビガエルを名乗るだけあって他のカエルよりも発達した水かきを持っていますね

コイツもレインワードと同じく滑空できるのか?残念ながら情報不足でそれは私にもわかりません!!



子蛙のためのレイアウト作り

ヤエヤマアオガエル
03 /14 2017

ヤエヤマベビー5

ヤエヤマアオガエルのオタマジャクシが大分大きくなり、そろそろ足が生えてきそうです(上の写真は去年のオタマが上陸した子蛙です)

少し早いですが、オタマがいつ上陸しても良いように子蛙用のレイアウトケージを用意します

備えあれば患いなし!ツリーフロッグ飼育は事前に飼育環境を準備しておくことが基本です。小さなカエルといえどもツノガエルのような即席でできる簡単設備では飼えません!



というわけで今回は見た目も綺麗で子蛙にもやさしいレイアウトの作り方の紹介です

ヤエヤマケージ

そんなに難しくはないですよ!費用もほとんどかかりません!

既にオークションでオタマを購入された方も、これから落札しようとしている方にも参考にできれば幸いです(^-^)/



まずケージを用意します

相手は子蛙とはいえツリーフロッグですので、広め(というよりある程度高さが必要)で通気性のある容器が必要です。私は見た目重視で爬虫類専用ケージを使っていますが、コストを削減したい方は大き目のプラケースでも構いません


ケージが用意できましたら、まず床材を敷き、登れるような流木を設置します

ヤエヤマケージ1

床材はいろいろな物がありますが、オススメはヤシガラ(またの名を「ベラボン」)です。軽くて保水性があり、さらに浄化作用もある万能の床材!そして何より百均で買える!!

流木もアクアリウムで水の中に沈めて使うのではないので、その辺で拾った適当な木で構いません!!

ここで使っている流木も全て海岸で拾ってきた物です(正し使う前にはちゃんと洗っておくこと)


次に植物を植えます

ヤエヤマケージ2

ツリーフロッグのケージに植物を入れた方が見た目も綺麗だし、カエルが葉の上で休んだりできます。生きた植物を入れることでその植物の状態がよければカエルにとってもよい環境である指標になります

植物は百均で売っているミニ観葉でも構いませんが、ここではリビングにある鉢植えの観葉植物の枝を選定して使うというタダでできる方法を教えます!

写真の木は観葉植物ガジュマルの鉢植えから枝をちょっと切ってヤシガラに挿したもの。多くの観葉植物の仲間は生命力が強く、このように枝を挿し木するだけで簡単に根付いて増やすことができます。挿し木からリビングに飾るような大きな鉢植えに育てることは無謀ですが、このようにテラリウム植物として使うのならベスト!レイアウトにちょうどいい好みのサイズに剪定できるのも魅力!

というわけで、一家に一鉢観葉植物あるとよし!!

観葉植物ならガシュマルの他にもゴムノキやシェフレラ、パキラなんかでもできます。でもガジュマルは沖縄や八重山地方を象徴する木でもありますので、ヤエヤマアオガエルとの相性はこれが一番かな?


植物をレイアウトしたら水容器と餌皿を置くスペースを作ります

ヤエヤマケージ3

ツリーフロッグ達は地上の空間がよく見えていません。ハエなど飛んでいる虫は見つけるのが上手いですが、コオロギなど地上の虫は彼らにとって見つけづらいのです。だから広めの餌容器を用意して餌場を作ってやります。餌皿は必ず不透明な容器であることが重要です


小さい頃はよく水にも入るので水容器も用意します。水容器は透明な容器でも構いません


ここでは余ったタッパー(水容器)と植木鉢の受け皿(餌容器)を再利用して使っているのでダサいですが(;_;)、こだわりたい方はちょっとおしゃれな容器でも使ってみてはいかがでしょうか?最近は百均でも綺麗な容器が手に入りますからね・・・・


容器を置いたら最後にヤシガラの上に水ゴケを敷きます

ヤエヤマケージ4

ヤシガラ単用でもいいかと思いますが、ヤシガラの上にカエルが乗るとカエルがヤシガラまみれになってしまいます。万能用土といえど欠点はあります!

そこで水ゴケを敷いてヤシガラを覆います。保水効果も上がるのでオススメです

水ゴケも百均で売っていますが、これだけは正直品質があまり良くなかったのでホームセンターで売っている物を使いました。何でも百均は無理だった・・・・(ノ_<)


そして最後の最後にオマケ・・・・

ヤエヤマケージ5

ヤドクガエルのレイアウトでも無いのに何でこんなところにブロメリア?

実はこれ、お土産でいただいたスナックパインの頭です(石垣島産)

パイナップルの頭をカットして土に植えておくと根が生えて育ちます



こんな風に子蛙のレイアウトが完成!!

ヤエヤマケージ

八重山をイメージしてシーサーやお土産の置物も置いてみました(*^_^*)

このように、ほとんどお金をかけずに簡単にできます!!

ぜひお試しあれ~



さぁ、これで準備はととのった!

ヤエヤマジュニア

何時でも上陸してかかってこいや!!

(そんな、怪獣じゃないんだから・・・・)


ビバリウム植物~2017年編~

レイアウト植物
03 /09 2017

ツウロウアオガエル2


「そういえばビバリウム内の植物記事に出してないや!!」とふと思い出しました

今年2017年に入ってから新しく入ったカエルは紹介していましたが、それと同時に植物の方も地味に入れていました

中には高価なヤツもあったりして地味に出費がかかる植物・・・・今回はそんな植物に囲まれた我が家のビバリウム植物の紹介です



Blechnum Obtusatum Var Obtusatum(中央奥)以下Ble~

Dracophyllum(中央手前)以下Dra~

ニューカレドニアの植物

ニューカレドニア原産の謎の植物軍団が我が家のビバリウムに降臨!!

アリ植物や食虫植物など濃いメンツばかりでまとまらないビバリウム(ちなみに上の写真には、アリノトリデ、アリノスダマ、アリノスシダの三種のアリ植物も写っています)に何かセンターにビシッ!とかっこいい植物が欲しいと思い、前からイベント会場で気になっていたBle~を導入

シダ植物の仲間で、カッコいい葉、写真ではよく見えづらいですが幹がヘゴみたいになっていて迫力満点!ビバリウムにこれがあるだけで太古のジャングルを思わせるような素晴らしいアクセントになります。成長が遅いので大きくなりすぎる心配ご無用

Dra~は独特な葉の形が特徴のツツジ科の低木。これでも道路脇に植わっているあのツツジと同じ仲間なんですね~・・・・現地では湿地に生えているらしく、ビバリウムの環境にもマッチします

これらの植物、正直割と高価でしたが、それに見合った存在感を発揮してくれました。すごいぞ!ニューカレドニアの植物!(ちょっとアジアから離れてしまいましたが・・・・)


食虫植物 ネペンテス・アルボマギナタ(Nepenthes albomarginata) 左

アリ植物 パキセントリア(Pachycentria glauca) 右

ネペンテス アルボマギナタ

前回導入後大きくなりすぎてビバリウムから出したネペンテス・アンプラリアに変わって新たに入ったネペンテス=ウツボカズラと前からいるアリ植物パキセントリア

ウツボカズラはどれも割と大きくなるし、強めの光を好むのでビバリウム向きとはあまりいえませんが、それでも何故か入れたくなるのは私のこだわりです


アリ植物というヘンテコ植物軍団の中ではかなり地味な見た目のパキセントリアはいい意味でレイアウトのメリハリになっています。こちらは新入りではなく以前から導入していたもの

こういった道路脇に植わっているみたいなシンプルな見た目の植物もあるとレイアウトが落ち着きます。小さいながら花も咲くんですよ!これ(ノボタン科の低木らしいです)


ネペンとアカメ

ネペンテスとアカメアマガエル

やっぱりウツボカズラといったらこの袋の部分を見せないとねぇ~

カエルは中南米、ネペンは東南アジアと異なる原産地・・・・

でもなぜか一緒に写っても様になるのはどちらも熱帯雨林を象徴する動植物だからでしょうか?

これでアカメの目がしっかり開いていればもっとよかったのですが・・・・

アカメアマガエル4

基本夜行性なもんでして・・・・



去年頃から本格的にレイアウトに凝り始めたビバリウム。それから様々な植物を入れては変更し、枯れてしまったもの、増えすぎたり大きくなりすぎて取り除いたもの、新しく入れたもの・・・・そして今日に至る!

今年も池袋で爬虫類レイアウトコンテストやるらしいし、3月末までパルダリウムコンテストなる写真投稿もやってるみたいだから是非応募してみたいです



最後にお知らせですが、大好評御礼のヤエヤマオタマのオークション出品、現在出品の分で最後とさせていただきます!流石にこれからもヤエヤマが毎回産卵してくれる保証はないし、これを逃したらもう次はないかも?


廃タンクのリサイクル

自作ケージ
03 /02 2017

以前から特集してきた自作の爬虫類ケージ

ケージレイアウト9

こちらのケージですが、もともとはビルの屋上などに設置されていた薬液タンクだったのです

そのビフォアがこれ!

ケージ1

仕事柄、こういった大きな廃材を預かることが多く処分に困っていたので

何か活用法はないだろうか?」と考え、以前の記事で自作ケージを作ってみたわけです

こういった薬液タンクは屋外用に作られているので、紫外線に強い樹脂でできており、丈夫なのが売りです。中が空っぽなら容量の大きさの割に意外と軽いのも良い!

そして何よりもこのタンク、排水設備が備わっているのが一番のポイントですね。普通の水槽だとこの設備を付けるだけで手間とお金がかかりますからね(;^_^A

ただ、元が薬品を入れていたタンクだけに中は丁寧に洗わないと危険です!また加工に使ったドリルやカッターも本格的なヤツを使わないと難しそう・・・・これも仕事柄できるからであって、一般の方が日曜大工で出来る代物ではございません!そもそもこんな廃材一般で手に入るわけないけど・・・・


というわけで、自作ケージに見事生まれ変わった廃材薬液タンク

これは縦長の四角い形状ですが、実は他にもいろいろなタイプがあります!

これまで様々なタイプのタンク廃材が我が家にやってきましたが、それぞれの形を活かして活用法を考えてきました。今回はそれらを紹介していこうと思います


まずはコレ!

P1030507.jpg

写真は既に加工済み状態のものですが、丸型の薬液タンクです

加工前は上の部分があるのですが、構造は四角いヤツと同じです

元は100リットル容量のタンクを半分にカットして50リットルにしています

これをどう利用するのかというと・・・・


アフター

ビオトープ2

特大の睡蓮鉢に見立ててビオトープに活用してみました!

写真はまだ入れたばかりで、しかも時期が冬なのでちょっと殺風景ですが暖かくなってくると水草が青々と茂ります。生き物でメダカやミナミヌマエビを入れていますが、特に餌をやらずとも勝手に増えました

ビオトープ

こんな風に周りをすだれで巻けば見栄えもそれなりによいですね



続いてはこちらのタンク!

薬液タンク

こちらも100リットルタンクで平べったいタイプ。写真は上部分のみカットしています

廃材として家にきたのはつい最近でしたが、これは見た瞬間「使える!」と思いました

これ、そのまま大きなトロ船になりますね

横幅約1メートル、縦50㎝、高さ30㎝・・・・普通のトロ船やキングタライよりも広い!

しかも例によって排水設備も完備され、かなりのハイスペック!!


ホオジロクロガメ4

これは是非ともカメの屋外ケージに活用したいものですね!

今はまだ寒いので移すのは温かくなってからだけど・・・・


今回紹介した二種類の廃タンク、自家消費用以外にも余ってますのでオークションで格安で出品させております!

面倒なカット加工済み、中を洗浄済みですのでそのまま使えますよ!この記事を読んで欲しいと思った方は是非!!

あ、オークションといえばヤエヤマオタマも大好評出品中です!!

こちらは期間限定(多分3月半ばごろまで)の出品となりますので、欲しい方は急げ!!


今回の記事、完全に宣伝になってしまった・・・・








ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/3/20更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカホシトタテガエル
アカメアマガエル
サキシマヌマガエル
ソバージュネコメガエル
トビガエル
ハロウェルアマガエル
ヒメアマガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ
トラバンコアヤマガメ
ホオジロクロガメ
ミシシッピアカミミガメ

エダハヘラオヤモリ
エリマキトカゲ
サキシマキノボリトカゲ
トビトカゲ
トビヤモリ
プーケットクシトカゲ
マレークシトカゲ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)