FC2ブログ

ロボロフスキースキンクヤモリ

未分類
11 /26 2016

前回産卵したトルキスタンスキンクヤモリの卵でしたが・・・・無精卵でした

う~ん・・・・残念


せっかく前回ヤモリ記事出したのでここでロボロフスキースキンクヤモリを紹介してみる

他にも載せる記事(自作ケージとか新しく入った生き物とか)あるんだけれど、せっかくなので(というよりこの辺りで出しとかないと出番ないので・・・・)


ロボロフスキースキンクヤモリ3

実は飼育して今年で三年目になるヤモリ

当時はカエルもまだ飼っておらず、「とりあえず何か飼いやすい爬虫類を飼おう」ということで、イベントで「コレだ!」と思って買ってきたのがこのペア

値段も安いし飼育もしやすい。でも一番の理由は見た目の可愛らしさかな?

これがきっかけで次のイベントでは亜種のトルキスタンスキンクヤモリが、ヤモリの餌用に虫(デュビアとレッドローチ)を養殖するようになってからは餌に余裕が出てきたのでカエルの飼育に発展、と私の爬虫両生類全ての原点となったのがこのヤモリでした(カメ飼育はもっと以前からやっていましたけど)


ロボロフスキースキンクヤモリ顔

通常の顔

頭が大きい


ロボロフスキースキンクヤモリ寝る

普段はこんな風にぐたっと寝ています(ちょっと目つきが悪いかも?)

写真はヒーターの上で温まっているからこのポーズで、本来は穴を掘ってその中にいることが多いようだ。最近は土を入れた自然に近い環境にしたためこのポーズは見られなくなってしまった


ロボロフスキースキンクヤモリ立つ

とはいえトルキスタンスキンクヤモリと比べても割と活動的

故に亜種とはいえトルキスタンスキンクヤモリとロボロフスキースキンクヤモリを同居させるとトルキスタンスキンクヤモリの方が参ってしまう


ロボロフスキースキンクヤモリ変なポーズ

時にはこんな変なポーズも(笑)

ヤモリというと夜行性で出てこないイメージがあるが、スキンクヤモリの仲間はたまに日光浴に出てきたりするので飼っていて楽しいヤモリである


ロボロフスキースキンクヤモリ尾切

新たに♀を一匹導入

この子は尾切のため特価で販売されていました

飼育化で同居していると尾切が起こることもしばしば・・・・


ロボロフスキースキンクヤモリ尾再生

尾はすぐ再生します

ちなみにこのヤモリ、威嚇行動で尾をガラガラヘビのように「シャー!」と音を立てて振ります


ロボロフスキースキンクヤモリスマイル

にっこりスマイル


全て過去に撮った写真ですが、結構いい写真がいっぱいありましたねぇ・・・・

これならイベントのフォトコンテストヤモリで投稿した方がよかったかな?

カエルで投稿したけど結局選ばれなかった・・・・まぁそれでもイベントは行くんだろうけど・・・・





スポンサーサイト

トルキスタンスキンクヤモリ

未分類
11 /20 2016

遂に初のヤモリ記事が・・・・!

というのも、ここにきて我が家のヤモリが産卵したからです


トルキスタンスキンクヤモリというヤモリです

トルキスタンスキンクヤモリ4

♂1、♀2での飼育

「カイザリングスキンクヤモリ(ヤング個体)」の表記で売られていた個体でしたが、このサイズで産卵したってことはトルキスタンの方だと思う。

ちなみにカイザリングというヤツなんだが、ペルシャスキンクヤモリとも呼ばれスキンクヤモリの中で大きくなる(20㎝くらい)し、色もオレンジがかって綺麗なのだ(「嫌われ者たちのララバイ」という爬虫類の写真の本では表紙にこのヤモリが使われている)

ただ「カイザリング」という名前が学名で共通なのかもしれないし、表記が間違っているわけではないのかな?まぁ、顔はどちらも可愛いんだけど・・・・


と前置きが長くなりましたが、♀の一匹がいつの間にか産卵していました

トルキスタンスキンクヤモリ産卵

卵は一度に二個産みます


産卵といえば、以前亜種のロボロフスキースキンクヤモリが何度か産卵をしていますが、全て無精卵でした。トルキスタンスキンクヤモリの方は今回が初めてです。


ちなみにその時の画像がこちら


ロボロフスキースキンクヤモリ産卵

卵が明らかにベコベコにへこんでいますね


でも今回の卵はしっかりしているような

トルキスタンスキンクヤモリ卵

このままでは乾いてしまうので、とりあえず別容器に移してみる

ヤモリの卵はやわらかいので移動の際は慎重に、あと卵の向きが逆になってもダメなので上に印をつけておきます


一~二週間後ライトを当ててみて、血管が浮き出ていれば有精卵なんだが、現時点ではわからない

何せスキンクヤモリの繁殖の情報が少ないから、見様見真似でやってみるしかない


繁殖がもっとうまくいけば、もっと人気が出てもいいヤモリなんだよなぁ・・・・

野生では穴を掘ってほとんど出てこない種類で飼育化でも最初はあまり出てきませんが、慣れてくるとけっこうオープンになってきます

トルキスタンスキンクヤモリ寝る

脇腹をかきながら、だらしない恰好で寝そべったり


トルキスタンスキンクヤモリ入る

餌容器の中にすっぽりと


トルキスタンスキンクヤモリ挟まる

死んでいるわけではありません

寝ているだけです


トルキスタンスキンクヤモリスマイル

にっこりスマイル!


果たして卵は孵るのだろうか?




写真が・・・・

未分類
11 /11 2016

ここ最近更新が途絶えていたのですが、やめたわけではありません。

スマホを新しくしたせいで写真が上手くアップできず苦戦しております。


IMG_20160918_125854767.jpg

ガーン!!


載せたい記事はあるのに写真が上手く貼れないのがツライ・・・・現在この現状の回復を試行錯誤しておりますので、無事写真が載せられたら記事を復活させたいです。


とりあえず過去に撮った写真でアップできるものを出してみましたのでご覧ください!


IMG_20150702_175932931.jpg

初めて我が家やってきた時のヤエヤマアオガエル(♂)

オークションで購入したCB(繁殖個体)でしたが、この頃は色が鮮やかな青色をしていました。

その後だんだん緑色になってしまいましたが、光量に影響されるのでしょう。


IMG_20130731_185153211.jpg

ロボロフスキースキンクヤモリ

ビバリウム関係の記事が中心となるため、写真を載せることがほとんどなかった彼です。

この子の写真は結構あるので、カメ同様たまには記事に出してあげてもいいかな?

ちなみにこのヤモリ、うちに来てもう3年と長い付き合いだったりする。


IMG_20160418_12550055.jpg

トルキスタンスキンクヤモリ

どうでしょう?この顔。なかなか愛らしいと思いませんか?

先に紹介したロボロフスキーとは違って目が黒いのでより愛らしく見えます。

その分性格は臆病で隠れがち・・・・たまにしか姿をみせてくれないのが残念


IMG_20140531_060417285.jpg

サラセニア・ミノール

一番上の写真の正体はコイツ。食虫植物です。

背が高く、日光を好みのでビバリウムには向きません。年中屋外で管理しています。

地面から口が生えたような姿、表情豊かな口が面白いです。


以上とりあえず今回はこれくらいで・・・・

う~ん・・・・早く新しい写真がアップできれば・・・・



追記

コケガエルやキボシナガレガエル、以前紹介した中南米産のカエル達もアカメアマガエル以外はお亡くなりになり、カエルの種類も減ってしまいました(数はヤエヤマアオガエルの頭数だけでも前より多いんですが)


ダルメシアンフロッグ

本名:アンナントビガエル
(Rhacophorus annamensis)

カエルと植物の素敵なビバリウムを目指して日々レイアウトに没頭中
普段はTwitter(twitter@dalmatianfrog)にて日々公開中

当ブログ記事の主な内容
・ビバリウム作成・レイアウト方法
・廃材を使った自作ケージの作成
・動物園・水族館レポ
・ジャングル探検記

現在飼育中の生き物達(2018/10/1更新)
・カエル(両生類)
アイフィンガーガエル
アカメアマガエル
アマゾンツノガエル
サキシマヌマガエル
トビガエル
ヒメアマガエル
ミヤコヒキガエル
モザンビークオオクサガエル
ヤエヤマアオガエル

ドワーフサイレン
メキシコサラマンダー

・爬虫類
クサガメ

サキシマキノボリトカゲ
クシトカゲ
オオバクチヤモリ

・植物
食虫植物(ネペンテス、サラセニアなど)
アリ植物、蘭などの着生植物
多肉植物、ブロメリア
その他熱帯の植物(サトイモ科、シダなど)